「日産セレナ」、マイチェンで目元キリリッ!

2007.12.19 自動車ニュース

「日産セレナ」、マイチェンで目元キリリッ!

日産自動車は、8人乗りミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、2007年12月19日に発売した。

現行型「日産セレナ」は、2005年5月にデビュー。今回のマイナーチェンジでは、フロントまわり(グリル、バンパー、ヘッドランプ)のデザインを一新。ターンランプ付きの電動式ドアミラーが備わった。
インテリアは、インストゥルメントパネルの意匠を変更し、ファインビジョンメーターを付与。1、2列目シートのヘッドレストと、2列目シートのクッション形状も手直しし、快適性向上を図ったという。

機能面では、両側の「スライドドアオートクロージャー」を全車標準とし、さらに、4つの車載カメラ映像を合成し車庫入れなどをサポートする「アラウンドビューモニター」(エルグランドで先行採用)をオプション設定するなどした。

価格は、213万1500円(FF)から270万9000円(4WD)まで。

なお同社では、人気キャラクターのガチャピンとムックを「特別宣伝部員」に迎え、スペシャルCM&ウェブサイトを展開予定。より多くのファミリー層にアピールしたいとしている。

(webCG 関)

「日産セレナ」
「日産セレナ」
左右対称だったインパネは、ドライバー寄りの意匠に変更された。
左右対称だったインパネは、ドライバー寄りの意匠に変更された。
発表会場にあらわれた、ムック(写真左)とガチャピン。日産の最高執行責任者、志賀俊之氏(中央)も「家族を通じて、親しみのあるキャラクターです」とご満悦の様子だった。
発表会場にあらわれた、ムック(写真左)とガチャピン。日産の最高執行責任者、志賀俊之氏(中央)も「家族を通じて、親しみのあるキャラクターです」とご満悦の様子だった。

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
ホームへ戻る