第21回:アモーレの国では、アペのレースで恋の花が咲く!
『昼下がり、ローマの恋』

2012.02.10 エッセイ

第21回:アモーレの国では、アペのレースで恋の花が咲く!『昼下がり、ローマの恋』

デ・ニーロ初の純イタリア映画

闇の中からタクシーが現れる。乗っているのは、顔つきが濃い目なイケメン。ハートの矢を持った彼は、恋のキューピッドらしい。イタリアではタクシー運転手が愛も運ぶのだ。

彼が物語るのは、青年、熟年、老年の三つの恋である。ローマのアパートに住む男女が繰り広げる、それぞれの愛の形を描く。『昼下がり、ローマの恋』というよくわからない邦題が付けられているが、原題は『Manuale d'amore 3』で、直訳すれば「恋愛マニュアル3」だ。シリーズ物なのである。1と2がヒットしたおかげで、ぜいたくなキャスティングが実現した。

ロバート・デ・ニーロは名前でわかるようにイタリア系だが、純イタリア映画に出演するのはこれが初めてなんだそうだ。役のために太ったり痩せたりするカメレオン俳優として名高いが、この映画ではいわゆる等身大の役どころである。アメリカ人の元歴史学者で、妻と別れてローマに一人で移り住んでいる。彼のイタリア語がどのくらい達者なのかはわからないが、英語のほうが流暢(りゅうちょう)という設定だから無理がない。

お相手を務めるのは、“イタリアの宝石”ことモニカ・ベルッチだ。よわい40を超えてもセクシー爆弾ぶりは健在で、登場するやいなや男を狂わせる危険な香りがぷんぷん漂ってくる。恋愛沙汰のいざこざが出来(しゅったい)するのは、火を見るより明らかだ。ご老体のデ・ニーロは心臓を患っているという設定だから、ベッドシーンは俄然(がぜん)人命のかかったサスペンスをはらむのだ。

©2011 FILMAURO Srl
『昼下がり、ローマの恋』

『昼下がり、ローマの恋』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。