【スペック】日産セレナ ハイウェイスター(右):全長×全幅×全高=4725×1725×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4000rpm)/価格=240万4500円

トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)【短評(後編)】

トヨタが売れるワケ(後編) 2007.12.19 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)
……245万7000円/240万4500円
(車両本体価格)


人気のミニバン「日産セレナ」と「トヨタ・ヴォクシー」に試乗。2台を比べてみると相対的なキャラクターの違いが明らかに。
『CAR GRAPHIC』2007年11月号から転載。

質感のヴォクシー、広さのセレナ

ヴォクシーのボディサイズは全長×全幅×全高=4640×1720×1850mmで、ホイールベースが2825mm。セレナ・ハイウェイスター(4725×1725×1840mm、WB=2860mm)に比べると、スペック上はわずかに小さいが、感覚的には大差なく、どちらも背は高いが運転席への乗り降りにも不都合は感じられない。街中での取り回しも似たようなものだ。

けれども運転席の眺めには大きな違いがあって、たとえばダッシュボードのレイアウトなど、セレナのオーソドックスな作りに対し、ヴォクシーはいかにも若者が好みそうな現代的なデザインを採用する。このあたりは好き嫌いがはっきりと現われるところだろう。

ただしインテリアの質感、特にダッシュボードやドア・トリムなどに使われるプラスチック系素材の質感では、誰もがヴォクシーに好感を抱くはずだ。ダッシュボード表皮の革シボのきめ細かさなど、ひとクラス上の仕上がりを見せ、安っぽさを感じさせないところにトヨタの巧さが光る。

同じ3列シートの2台でもシートアレンジは微妙に異なるが、どちらも工夫たっぷり、実によく考えられている。中でも感心したのはヴォクシーの3列目シートで、レバーを引くだけで自動的にシートバックが折り畳まれ、内蔵のスプリングによって左右に跳ね上がる構造にはアイデア賞を贈りたい。重いシートを格納するのはけっこう骨の折れる作業なので、特に女性ユーザーに喜ばれるはずだ。

いっぽう、セレナの長所は室内の広さにある。全長とホイールベースの長さを利して、3列目にもしっかりとレッグスペースを確保できている。2台の違いは写真を見てのとおり。2列目足下に余裕を作ると、ヴォクシーの3列目には必要最低限の空間しか残らなかった。

モデルの身長は前が171cmで後が173cm。ヴォクシーは2列目シートに余裕を持たせると、3列目の足下には必要最小限の空間しか残らなかった。
モデルの身長は前が171cmで後が173cm。ヴォクシーは2列目シートに余裕を持たせると、3列目の足下には必要最小限の空間しか残らなかった。
セレナの内装。3列目には膝前に拳1個分以上の隙間が生まれ、大人でも楽に座れる。
セレナの内装。3列目には膝前に拳1個分以上の隙間が生まれ、大人でも楽に座れる。
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.31 試乗記 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)
    ……360万450円

    マイナーチェンジで新しいハイブリッド技術「S-HYBRID」を採用した「日産セレナ」。「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、低コストの次世代マイクロハイブリッドを体験した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る