クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】日産セレナ ハイウェイスター(右):全長×全幅×全高=4725×1725×1840mm/ホイールベース=2860mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4000rpm)/価格=240万4500円

トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)【短評(後編)】

トヨタが売れるワケ(後編) 2007.12.19 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)
……245万7000円/240万4500円
(車両本体価格)


人気のミニバン「日産セレナ」と「トヨタ・ヴォクシー」に試乗。2台を比べてみると相対的なキャラクターの違いが明らかに。
『CAR GRAPHIC』2007年11月号から転載。

質感のヴォクシー、広さのセレナ

ヴォクシーのボディサイズは全長×全幅×全高=4640×1720×1850mmで、ホイールベースが2825mm。セレナ・ハイウェイスター(4725×1725×1840mm、WB=2860mm)に比べると、スペック上はわずかに小さいが、感覚的には大差なく、どちらも背は高いが運転席への乗り降りにも不都合は感じられない。街中での取り回しも似たようなものだ。

けれども運転席の眺めには大きな違いがあって、たとえばダッシュボードのレイアウトなど、セレナのオーソドックスな作りに対し、ヴォクシーはいかにも若者が好みそうな現代的なデザインを採用する。このあたりは好き嫌いがはっきりと現われるところだろう。

ただしインテリアの質感、特にダッシュボードやドア・トリムなどに使われるプラスチック系素材の質感では、誰もがヴォクシーに好感を抱くはずだ。ダッシュボード表皮の革シボのきめ細かさなど、ひとクラス上の仕上がりを見せ、安っぽさを感じさせないところにトヨタの巧さが光る。

同じ3列シートの2台でもシートアレンジは微妙に異なるが、どちらも工夫たっぷり、実によく考えられている。中でも感心したのはヴォクシーの3列目シートで、レバーを引くだけで自動的にシートバックが折り畳まれ、内蔵のスプリングによって左右に跳ね上がる構造にはアイデア賞を贈りたい。重いシートを格納するのはけっこう骨の折れる作業なので、特に女性ユーザーに喜ばれるはずだ。

いっぽう、セレナの長所は室内の広さにある。全長とホイールベースの長さを利して、3列目にもしっかりとレッグスペースを確保できている。2台の違いは写真を見てのとおり。2列目足下に余裕を作ると、ヴォクシーの3列目には必要最低限の空間しか残らなかった。

モデルの身長は前が171cmで後が173cm。ヴォクシーは2列目シートに余裕を持たせると、3列目の足下には必要最小限の空間しか残らなかった。
モデルの身長は前が171cmで後が173cm。ヴォクシーは2列目シートに余裕を持たせると、3列目の足下には必要最小限の空間しか残らなかった。 拡大
セレナの内装。3列目には膝前に拳1個分以上の隙間が生まれ、大人でも楽に座れる。
セレナの内装。3列目には膝前に拳1個分以上の隙間が生まれ、大人でも楽に座れる。 拡大

対照的なアプローチ

ヴォクシーを走らせると、1610kgという車重から想像するよりも軽快な動きを見せることに驚かされる。扱いやすさに定評のあるセレナのMR20DE型2リッター直4(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)と比べても、低速域のトルク感とレスポンスに優れ、混雑した街中をスロットルの踏み加減ひとつで車速をコントロールできる。このときスーパーCVT-iが無用にエンジン回転を高めないのもヴォクシーの美点で、静粛性の面でもライバルに勝っていた。

この軽快感はサスペンションの躾けによるところも大きい。ロールやピッチングを適度に抑えたヴォクシーは横方向の無駄な動きも少なく、全体にソリッドな印象が強いからだ。コーナーを攻めるとリアサスペンションの剛性不足を感じさせることもあったが、限界域でも安定した姿勢を崩すことなく、スムーズな旋回性を示してくれた。ライントレース性の高さなど、むしろ褒めてやるべきかもしれない。オプションのS-VSCの介入タイミングが適切なことも好印象につながっている。

そんなヴォクシーとは対照的に、セレナはソフトな乗り心地が印象的だ。しっかりとサスペンションをストロークさせるセレナは、低速域でやさしい乗り心地を提供するいっぽう、コーナーではタイヤの性能を活かした積極的な走りが楽しめる。

「トヨタ・ヴォクシー」
ウェット路面を軽快に攻めるヴォクシー。EPSの操舵力は軽く、路面からのフィードバックは少ないが、ライントレース性に優れるなど、基本性能はきっちり抑えてある。
「トヨタ・ヴォクシー」ウェット路面を軽快に攻めるヴォクシー。EPSの操舵力は軽く、路面からのフィードバックは少ないが、ライントレース性に優れるなど、基本性能はきっちり抑えてある。 拡大
「日産セレナ」
しなやかなサスペンションを持つセレナは、乗り心地とハンドリングのバランスに優れ、ウェット路面でも安定したコーナリング・マナーに終始した。
「日産セレナ」しなやかなサスペンションを持つセレナは、乗り心地とハンドリングのバランスに優れ、ウェット路面でも安定したコーナリング・マナーに終始した。 拡大

“わかりやすさ”が勝負の分かれ目

注目の燃費は、500km余りを走らせた総平均でヴォクシーが10.3km/リッター、セレナが8.9km/リッターだった。これを区間別でみると、100km/h巡航区間が13.4km/リッター:11.0km/リッター、高速道路を速い流れに沿って9.3km/リッター:9.9km/リッター、市街地が8.6km/リッター:8.0km/リッター、ファミリードライブを想定して一般道や山道、高速道路を織り交ぜて走らせた区間では、11.9km/リッター:7.9km/リッターという記録を残した。最終区間で2台の間に大きな差が生じたのは、ここではスロットルのオフ/オフが頻繁に行なわれたからに違いない。いずれにしろ、今回の燃費にはバルブマチックの効果がよく現われていると思う。

そこで結論。乗り心地や旋回性能、動力性能などの運動性能を磨きこみ、それをバランスよく纏めているのはセレナのほうだった。これは自動車にとっては大切なことで、日産のまじめなクルマ作りがよく現われている。しかし、それがミニバンの購入を考えている人々の心を惹きつけるかというと、残念ながらそうとは思えない。

たとえシャシー性能がわずかに劣っていたとしても、一般の人々はインテリアの質感やシートアレンジの豊富さなど、わかりやすい性能に心を惹かれるはず。燃費に優れるのも、家計を気にする主婦には大きなインパクトに違いない。トヨタの“巧さ”を感じるのがまさにこうした点で、ヴォクシーがミニバンのナンバーワンの座に着く日もそう遠くはないように思えた。

(文=新井 勉/写真=高橋信宏/『CAR GRAPHIC』2007年11月号)


トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)【短評(後編)】の画像 拡大
2列目を最前端まで移動し、3列目を跳ね上げてラゲッジルームを作り出した状態。奥行きは全長とホイールベースで勝るセレナ(写真下)のほうが170cmと、ヴォクシー(写真上)より10cm長い。だが、リアタイヤハウス間の横幅はヴォクシーの100cmに対し、セレナは95cmだった。どちらも荷室後端に床下収納が備わる。
2列目を最前端まで移動し、3列目を跳ね上げてラゲッジルームを作り出した状態。奥行きは全長とホイールベースで勝るセレナ(写真下)のほうが170cmと、ヴォクシー(写真上)より10cm長い。だが、リアタイヤハウス間の横幅はヴォクシーの100cmに対し、セレナは95cmだった。どちらも荷室後端に床下収納が備わる。 拡大

関連キーワード:
セレナヴォクシー日産トヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事