総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定

2007.12.18 自動車ニュース

総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定

ヤナセが、「2007プロ野球MVP賞」の表彰結果を発表した。既報の「読売ジャイアンツMVP賞」のほか、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、福岡ソフトバンクホークスの各選手にも「プロ野球MVP賞」として新車のメルセデス・ベンツが贈られた。

■2位がCクラスで3位はAクラス

「ヤナセ・プロ野球MVP賞」は、ヤナセと提携している6球団(読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、オリックスバッファローズ、福岡ソフトバンクホークス)の中から、1〜3位入賞チームの最も活躍した選手にヤナセ取り扱いの新車が贈られる毎年恒例の行事だ。

すでに報告したとおり、優勝した読売ジャイアンツの阿部慎之助選手には「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」としてメルセデス・ベンツE300が贈られたが、このほか2〜3位に入ったセ・パ3チームの選手にも賞が贈られた。

中日ドラゴンズをセ・リーグ2位に導くのに大きく貢献。プロ入り後初の5番打者として定着し、“ミスター3ラン”の異名をとる森野将彦選手には、「ヤナセ・がんばれドラゴンズMIP賞」としてC200コンプレッサー・エレガンス(450万円相当)が贈られた。

なお、ヤナセ・プロ野球MVP賞は、チームとヤナセの協議によって決定するが、中日ドラゴンズの場合は、ファン投票によって受賞者が決められる。そうしたことからタイトル名もMVPではなく、“MIP(Most Impressive Player)賞”となっている。

一方、セ・リーグ3位にランクした阪神タイガースからは日本新記録となる登板試合数を樹立し、中継ぎエースとして活躍した久保田智之投手が、パ・リーグ3位に入った福岡ソフトバンクホークスからはストッパーとしてチームの勝利に大きく貢献し、球団新記録のセーブ数を残した馬原孝浩投手が選ばれた。両者にはぞれぞれ「ヤナセ・阪神タイガースMVP賞」「ヤナセ・福岡ソフトバンクホークスMVP賞」としてA200ターボ・アバンギャルド(353万円相当)が贈呈された。

(webCG 曽宮)


総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定
中日ドラゴンズの森野将彦選手にはC200コンプレッサー・エレガンスが贈られた。
総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定
「阪神タイガースMVP賞」を受賞した久保田智之投手。
総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定
「福岡ソフトバンクホークスMVP賞」を受賞したのは馬原孝浩投手。
総額1828万円相当、2007ヤナセ・プロ野球MVP賞決定

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。