ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表【デトロイトショー08】

2007.12.18 自動車ニュース

ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

【デトロイトショー08】ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

英ランドローバーは、新しいスモールSUV「LRX」コンセプトを2008年1月13日から始まるデトロイトショーで発表する。


ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

■キーワードはサステイナビリティ

LRXコンセプトは、ランドローバーが新たなセグメントの開拓を狙って開発した小型SUVのコンセプトモデル。現行ラインナップで最小のフリーランダーよりさらに小さな3ドアボディは、同社のデザインディレクターに新たに就任したゲリー・マクガバーン氏による作。

いわく「ひと目でランドローバーブランドのクルマとわかる存在感を持ちながらこれまでのモデルとは明らかに異なるデザイン」や「プレミアム性を感じさせながらラフロードも似合うたたずまいのSUV」を目指したという。

開発の重要なキーワードとなったのは“サステイナビリティ”(環境との共存性)。いまや小型車から高級車、さらにはスポーツカーやSUVも含め、どんなジャンルのクルマだろうと環境への配慮は不可欠な時代となった。LRXでは主に軽量化、リサイクル素材の使用、省燃費を主軸とする開発が行われた模様だ。

具体的には、軽量化についてはサイドガラスやルーフにガラスの代わりにポリカーボネイトを使用、素材の置換で40%のダイエットに成功している。リサイクルの面で注目すべきは、屋根の内張にプラスチックボトルから再生されたリサイクル素材を100%使用したことだ。

省燃費については、現状ではエンジンの詳細は未発表ながら、一部公開された内容によると、路面状況に合わせてエンジン特性やドライブトレイン系の設定を変化させられる「テレイン・レスポンス」に、“ECOモード”を追加するなどの対策が施されるようだ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る