ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表【デトロイトショー08】

2007.12.18 自動車ニュース

ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

【デトロイトショー08】ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

英ランドローバーは、新しいスモールSUV「LRX」コンセプトを2008年1月13日から始まるデトロイトショーで発表する。


ランドローバー、新型車「LRX」コンセプトを発表

■キーワードはサステイナビリティ

LRXコンセプトは、ランドローバーが新たなセグメントの開拓を狙って開発した小型SUVのコンセプトモデル。現行ラインナップで最小のフリーランダーよりさらに小さな3ドアボディは、同社のデザインディレクターに新たに就任したゲリー・マクガバーン氏による作。

いわく「ひと目でランドローバーブランドのクルマとわかる存在感を持ちながらこれまでのモデルとは明らかに異なるデザイン」や「プレミアム性を感じさせながらラフロードも似合うたたずまいのSUV」を目指したという。

開発の重要なキーワードとなったのは“サステイナビリティ”(環境との共存性)。いまや小型車から高級車、さらにはスポーツカーやSUVも含め、どんなジャンルのクルマだろうと環境への配慮は不可欠な時代となった。LRXでは主に軽量化、リサイクル素材の使用、省燃費を主軸とする開発が行われた模様だ。

具体的には、軽量化についてはサイドガラスやルーフにガラスの代わりにポリカーボネイトを使用、素材の置換で40%のダイエットに成功している。リサイクルの面で注目すべきは、屋根の内張にプラスチックボトルから再生されたリサイクル素材を100%使用したことだ。

省燃費については、現状ではエンジンの詳細は未発表ながら、一部公開された内容によると、路面状況に合わせてエンジン特性やドライブトレイン系の設定を変化させられる「テレイン・レスポンス」に、“ECOモード”を追加するなどの対策が施されるようだ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツSE(4WD/9AT)【試乗記】 2015.4.23 試乗記 車名は「ディスカバリー」で、プラットフォームは「イヴォーク」と共通、そしてボディーサイズは「フリーランダー2」に近い。しかして、その実体は? ランドローバーの新しいSUV「ディスカバリー スポーツ」、そのベーシックグレード「SE」に試乗した。
ホームへ戻る