アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表

2007.12.17 自動車ニュース

アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表

アストン・マーティンが、市販の可能性が高い(?)コンセプトカー「V12ヴァンテージRS」を発表した。

■いわば220psのポテンシャルアップ

「V12ヴァンテージRS」のベースとなったV8ヴァンテージは、アルミ製軽量ボディのフロントに380psを発生する4.3リッターV8を搭載し、リアに搭載されるトランスミッションを介して後輪を駆動する本格FRスポーツ。

そのV8ヴァンテージから、フルアルミ製のVHプラットフォームを譲り受け、よりパワフルなV12エンジンをドッキングした高性能バージョンが、V12ヴァンテージRSだ。

搭載する6リッターV12は、ベース車より220ps!もパワフルな600psを発生、トルクも70.4kgmと超強力だ。またべース車同様、レーシングカー譲りのドライサンプ方式を受け継ぎ、重心が低く抑えられた。

4気筒多いエンジンの搭載で懸念される車重増については、エンジンフードやトランクリッドなどにカーボンパーツを使用することで大部分を相殺できている模様。V8ヴァンテージの車重が1570kgであるのに対しV12ヴァンテージRSは約1600kgと、実質30kg増にとどまる。それでいて出力が220psも増しているのだから、相当のポテンシャルアップとなっているのは間違いない。

高性能化に伴い、エクステリア・デザインもモディファイされた。フロントにはスプリッタータイプのチンスポイラーが設けられ、リアには速度に合わせて角度が可変するリアウイングを採用。デザイン性を犠牲にすることなく、前後のダウンフォースを高めることに成功しているという。またブレーキに大径のカーボンセラミック・ディスクを採用するなど、軽量化と機能性アップに余念がない。

このV12ヴァンテージRSは、英ゲイドンに新設されたアストン・マーティンの新しいデザインセンター開設に伴いお披露目されたコンセプトモデルだが、ユーザーの反響が良ければ限られた数の生産を考えているという。というわけで、市販化はほぼ決まりそうである。

(webCG 曽宮)

 
アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表の画像
 
アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表の画像
 
アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表の画像
 
アストン・マーティン、V12ヴァンテージRSを発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る