「アウディA6」にワゴン版「アバント」が追加

2012.02.09 自動車ニュース
「A6アバント」のプレゼンテーションは、アウディ・ジャパンのマーケティングコミュニケーション部長ドナート・ロマニエッロ氏(右)と、営業オペレーション本部長マティアス・シェーパース氏(左)が、流ちょうな日本語で行った。
「アウディA6」にワゴン版「アバント」が追加

「アウディA6」にステーションワゴンの「アバント」が追加

アウディ・ジャパンは2012年2月9日、アッパーミディアムクラスの「A6」に、ステーションワゴンの「A6アバント」を追加し、2月下旬から販売を開始する。

発表会は、クラシックバレエダンサーの橘るみさん、三木雄馬さんによるバレエパフォーマンスとともに開会した。
発表会は、クラシックバレエダンサーの橘るみさん、三木雄馬さんによるバレエパフォーマンスとともに開会した。 拡大
トランクルーム容量は、5人乗り時で565リッター、2人乗り時で最大1680リッター。
トランクルーム容量は、5人乗り時で565リッター、2人乗り時で最大1680リッター。 拡大

■伝統のアバント

2011年9月のフランクフルトショーでデビューし、同年11月の東京モーターショーでジャパンプレミアを果たした「アウディA6アバント」が、日本に上陸した。アウディは自社のステーションワゴンを“アバント”と呼び、「A4」シリーズと「A6」シリーズで代々展開してきた。エレガントなデザインであることを強調して他社との差別化を図ってきたが、新型A6アバントもまた、これまでの伝統にのっとった美しいデザインに仕上がっている。

新型A6アバントは、「アウディ100」の時代から数えて7代目にあたる現行の「アウディA6」をベースにしていることは言うまでもない。セダンとアバントではフロントマスクは共通だが、ほぼ水平に伸びるルーフラインと、なだらかに傾斜するDピラーが、スポーティーさと美しさを表現する。

全長×全幅×全高=4930×1875×1495mmのボディーサイズは、セダンよりも全高は30mm高いが、全長と全幅は同一。2910mmのホイールベースも同じ数字だ。セダンでも530リッターと余裕あるラゲッジスペースを確保するA6だが、このA6アバントは後席を倒さなくとも565リッターの容量を誇り、さらに、後席を倒せば最大1680リッターの広大なスペースを生み出すことが可能だ。

エンジンは、3リッターTFSI(スーパーチャージャー付き)と2.8リッターFSI(自然吸気)の2タイプ。
エンジンは、3リッターTFSI(スーパーチャージャー付き)と2.8リッターFSI(自然吸気)の2タイプ。 拡大
BOSEサラウンドサウンドシステムやレザーシートは、全車に標準装備される。
BOSEサラウンドサウンドシステムやレザーシートは、全車に標準装備される。 拡大

■アルミを20%使用した“ultra”ボディー

セダン同様、このA6アバントも“ultra(ウルトラ)”、すなわち、ウルトラ・ライトウェイト・テクノロジーにより、軽量化が図られている。ボディーの約20%にアルミニウムを使用し、また高張力鋼板を多用することで、「2.8FSIクワトロ」同士で比較した場合、新型は旧型に比べて約20kgの軽量化を達成している。セダン同様、ボンネットやフロントフェンダー、ドアをアルミ製にしたほか、テールゲートにもアルミを用いることで、同じパワートレインを積むセダンに比べて重量増を40kgに抑えたのも見逃せない。

用意されるパワートレインはセダンに準ずる。エンジンは、204ps/28.6kgmの2.8リッターV6直噴ガソリン(2.8FSI)と、300ps/44.9kgmのスーパーチャージャー付き3リッターV6直噴ガソリン(3.0TFSI)の2タイプで、デュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックが組み合わされる。駆動方式は全車フルタイム4WDの“クワトロ”となり、通常走行時は前40:後60にトルクを配分する。

直噴システムによるエンジンの高効率化に加えて、アイドリングストップやブレーキエネルギー回生機構、電動パワーステアリングの採用などにより、JC08モード燃費は2.8FSI搭載車が11.8km/リッター、3.0TFSIが11.0km/リッターを実現。いずれも旧モデルと比べて約20%の燃費向上になるとともに、2015年度燃費基準を達成。エコカー補助金や新エコカー減税の対象となる見込みだ。

 
「アウディA6」にワゴン版「アバント」が追加の画像 拡大
新型「A6アバント」では、特定の動作をすると自動でテールゲートが開くバーチャルペダル機能付きオートマチックテールゲートが採用された。
新型「A6アバント」では、特定の動作をすると自動でテールゲートが開くバーチャルペダル機能付きオートマチックテールゲートが採用された。 拡大

■ジェスチャーでテールゲートが開く

アッパーミディアムクラスのステーションワゴンにふさわしい充実した装備も見どころのひとつ。オーディオ/ナビゲーションシステムは、8インチモニターとタッチパッドを備えた「MMIタッチ」を装備。「BOSEサラウンドサウンドシステム」を標準搭載する一方、オプションで「Bang&Olufsenアドバンストサウンドシステム」を用意している。ヘッドアップディスプレイやナイトビジョンシステム、フルLEDヘッドライトなどはオプション設定される。

ユニークな装備としては、リモコンキーを持った人がリアバンパーの下方で特定のジェスチャーをするとテールゲートが自動的に開く「バーチャルペダル付きオートマチックテールゲート」(オプション)を挙げることができる。

新型A6アバントの価格は、「2.8FSIクワトロ」が640万円、「3.0TFSIクワトロ」が865万円。これはセダンに対して30万円アップという数字だ。アウディ・ジャパンとしては、2012年の販売目標を800台としており、また、セダンとアバントの比率は6:4と予想しているが、付加されるアバントの機能を考えると、アバントの比率が高まる可能性もあるだろう。

(文=生方聡)

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る