第58回:カーナビの効用を科学的に立証する実験、見知らぬ土地、「カーナビ」あるとナシとでこんなに違う!?

2007.12.17 エッセイ

第58回:カーナビの効用を科学的に立証する実験見知らぬ土地、「カーナビ」あるとナシとでこんなに違う!?

先日、四万十川流域を中心に高知県内をドライブしてきた。といっても単に観光してきたわけではなく「グリーン・ツーリズム施設へのアクセシビリティに関する調査」という、おカタ〜イ実証実験のためだ。

中土佐町の海が見える湯宿「黒潮本陣」。となりの「黒潮工房」が第一の目的地。
第58回:カーナビの効用を科学的に立証する実験、見知らぬ土地、「カーナビ」あるとナシとでこんなに違う!?
上の加江漁協の漁業体験施設「わかしや」。漁体験ができるほか食事も美味。
第58回:カーナビの効用を科学的に立証する実験、見知らぬ土地、「カーナビ」あるとナシとでこんなに違う!?

官公庁によるマジメな実験です

ま、実験といっても、GPSレシーバーで走行ログを取りながら、あらかじめ決められた6カ所の施設を順番に回るだけ。グリーン・ツーリズム施設(以下GT施設)とは農産物直売所や農家民宿、農家レストラン、観光農園、廃校活用交流施設といった田舎体験ができる施設のこと。
今回は、わら焼きの鰹のたたきを実演したりしている中土佐町の「黒潮工房」、中ノ加江漁協の漁業体験施設&食堂「わかしや」、四万十川流域の川遊び民宿「おとり家」、同じく「かわせみ」、そば打ち体験もできる松葉川温泉の宿泊施設「北辰の館」、JA四万十の農産物販売所「みどり市」が目的地だ。

ただし、6カ所のうち3カ所はカーナビに目的地を設定してルート案内を受けていいが、残りの3カ所はカーナビを使わずに、当日手渡された紙地図やHPをプリントした資料を元に道路標識や案内看板を頼りにドライブする。その走行ログから、走行経路やカーナビ使用時と不使用時の時間差、どこでどのように迷ったかなどを割り出して、カーナビの有効性を確認するのが目的だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ