「アルファ・スパイダー」に450万円のエントリーグレードが追加

2007.12.17 自動車ニュース

「アルファ・スパイダー」に450万円のエントリーグレードが追加

フィアットオートジャパンは、アルファ・ロメオの2シーターオープン「アルファ・スパイダー」に、シリーズ中最も安価となるベースグレード「2.2JTS セレスピード」を追加、2007年12月より販売を開始した。

これまでアルファ・スパイダーには、3.2リッターJTSエンジン搭載の「Q4 ディスティンクティブ」(6MT仕様/Q-トロニック仕様)、2.2JTSリッターエンジン搭載の「プログレッション」「ディスティンクティブ」(それぞれ、6MT仕様/セレスピード仕様)の、計6グレードが用意されていたが、今回、2.2JTS セレスピードが追加されたことで、エントリーグレードが後から登場する形となった。

トレッドとタイヤサイズを除いた、エンジン、寸法等のスペックは、従来の2.2JTSセレスピード プログレッション/ディスティンクティブと同様。2.2リッター直噴JTSエンジンに2ペダル6段MT「セレスピード」が組み合わされ、右ハンドル仕様となる。

ボディ色は、ソリッドカラーの「アルファ・レッド」、メタリック塗装の「モンテカルロ・ブルー」「カーボン・ブラック」から選択できる。インテリアトリムおよびシートは、上級グレードのチベットレザー仕上げからAlfatexクロス張りに変更され、ボディ色でブルーを選択するとブルー/タバコのコンビ、それ以外ではブラック/グレーの組み合わせとなる。

価格は、セレスピード仕様のプログレッションより23万円、同じくディスティンクティブより55万円安い、450.0万円。

(webCG 依田)


「アルファ・スパイダー」に450万円のエントリーグレードが追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る