【スペック】全長×全幅×全高=3785×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.4kgm/4000rpm)/価格=153万3000円(テスト車=191万7300円)

トヨタ・ヴィッツ 1.5I’LL (FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴィッツ 1.5I’LL (FF/CVT) 2007.12.17 試乗記 ……191万7300円
総合評価……★★★★
マイナーチェンジで外観の意匠変更と、装備の充実により快適性が高められた「トヨタ・ヴィッツ」。1.5リッターモデルでその使い勝手を試す。

トヨタ・ヴィッツ 1.5I’LL (FF/CVT)【ブリーフテスト】

そつのないコンパクト

たとえば、おとなりの奥さんに、「小さくて使いやすいクルマを買うなら、オススメは?」と聞かれて、安心して名前を挙げられるのが「ヴィッツ」である。クルマ好きが相手なら輸入車を勧めるかもしれないけれど、ふつうの人がふだん使うクルマをリーズナブルな価格で手に入れるなら、やはり日本車がいいだろう。
なかでもヴィッツは、癖のない乗り味に、優れた燃費、街なかはもちろん高速も安心・快適に走行できる実力の持ち主であり、加えて、かゆいところに手が届く数々の便利な機能を備えるなど、総合点が高いのがオススメの理由。さらに、運転席・助手席エアバッグに加えて、サイドエアバッグや前後カーテンシールドエアバッグを、価格競争が厳しいこのクラスでも標準化した点は見逃せない。
面白みには欠けるかもしれないが、多くの人が不満なく乗れる実用車。最大のライバルであるフィットとの“2強時代”はしばらく続きそうである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る