第21回:さながら「日野スーパー羽村」?イタリアは地名ネーミングのパラダイス!

2007.12.15 エッセイ

第21回:さながら「日野スーパー羽村」?イタリアは地名ネーミングのパラダイス!

フェラーリご当地3連発

フェラーリは1990年代後半から今日まで、その故郷にちなんだネーミングを連発してきた。はじまりは、1996年の「550マラネッロ」だった。マラネッロとは、言わずと知れたフェラーリの現本社所在地である。
続く1999年には「360モデナ」が誕生した。モデナはマラネッロから18km離れたエンツォ・フェラーリの出身地である。また、県の行政区分でいって、マラネッロが属すのがモデナ県だ。

2006年には有名なテストコースの所在地にちなんだ「599GTBフィオラーノ」が登場した(日本市場では商標登録の関係上、フィオラーノの名前は使われていない)。

シエナにミラノにトスカーナ

イタリア各地の地名をクルマに使用しているのは、なにもフェラーリだけではない。
フィアットがブラジル、中国など世界各地で生産するワールドカーには、ボクが住む街の名を冠した「シエナ」というモデルがある。ちなみに、兄弟車はシエナの伝統的競馬の呼び名から頂戴した「パリオ」だ。

歴史を紐解いてみると、もっと例がある。
フィアットは1974年に3ボックスのファミリーカー「131」を発表した際、「ミラフィオーリ」をサブネームとして使っている。泣くも黙るフィアットの本社工場の名だ。ハイグレード版として「スーパーミラフィオーリ」というモデルも存在した。

アルファ・ロメオは1990年代初頭、「33」の特別仕様に「ミラノ」や「イモラ」といった名前をつけた。
イノチェンティは90年代後半「エルバ」の名前を使っている。ナポレオン流刑の地として有名な、トスカーナの島である。クルマ自体は「ウーノ」をベースにしたブラジル・フィアット製のワゴンで、残念ながらイノチェンティ史の最後を飾るクルマとなってしまった。

「フェラーリ599GTBフィオラーノ」
「フェラーリ599GTBフィオラーノ」
フィアットのワールドカー「シエナ」。
フィアットのワールドカー「シエナ」。
「フィアット131ミラフィオーリ」
70年代イタリア工業デザインの粋を感じる。
「フィアット131ミラフィオーリ」
70年代イタリア工業デザインの粋を感じる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。