全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

2007.12.14 自動車ニュース

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

ヤナセは、キャデラックDTSをベースにリアキャビンを拡大した「キャデラックDTSリムジン」を、12月14日に発売した。

■アメリカンな豪華内装

ヤナセグローバルモーターズがこのたび発売する「キャデラックDTSリムジン」は、米ゼネラルモーターズ公認のコーチビルダー「フェデラル・コーチ社」が改造を手がけたリムジンモデル。キャデラックのフラッグシップDTSをベースに、リアコンパートメントを1.2mほど延長し、全長を5.3mから6.45mとしたロングボディ仕様だ。

広くなった後席には対面式シートが設置され、フロント2名に加えてリアに6名の、計8名乗車が可能となっている。

日本導入にあたってはヤナセグローバルモーターズがトレンドなどを取り入れながら仕様を決定したそうで、古き良き時代のアメリカ車をイメージさせるホワイトリボン式タイヤをはじめ、クローム塗装アルミホイールの採用やレザー調のビニールトップを採用するなど、アメリカンリムジンならではの雰囲気が演出されている。

内装には、フルフラット機能付きのフルレザーシートを備え、サイドにはウォルナット製コーナーキャビネットを装備。リアキャビンに備わる17インチの大型モニターで、地上デジタル放送を含むTV視聴も可能となっている。さらにストレッチの長さや装備品を自在に選択できるセミオーダーも可能になる予定という。

ヤナセグループとして12年ぶりの販売となるキャデラックDTSリムジン。ホテルやウェディング、レストランなどの送迎車需要を見込み、初年度は年間12台の販売を予定している。

ベース価格は、1680万円となっている。

(webCG 曽宮)


全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DTSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更 2017.1.5 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る