全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

2007.12.14 自動車ニュース

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売

ヤナセは、キャデラックDTSをベースにリアキャビンを拡大した「キャデラックDTSリムジン」を、12月14日に発売した。

■アメリカンな豪華内装

ヤナセグローバルモーターズがこのたび発売する「キャデラックDTSリムジン」は、米ゼネラルモーターズ公認のコーチビルダー「フェデラル・コーチ社」が改造を手がけたリムジンモデル。キャデラックのフラッグシップDTSをベースに、リアコンパートメントを1.2mほど延長し、全長を5.3mから6.45mとしたロングボディ仕様だ。

広くなった後席には対面式シートが設置され、フロント2名に加えてリアに6名の、計8名乗車が可能となっている。

日本導入にあたってはヤナセグローバルモーターズがトレンドなどを取り入れながら仕様を決定したそうで、古き良き時代のアメリカ車をイメージさせるホワイトリボン式タイヤをはじめ、クローム塗装アルミホイールの採用やレザー調のビニールトップを採用するなど、アメリカンリムジンならではの雰囲気が演出されている。

内装には、フルフラット機能付きのフルレザーシートを備え、サイドにはウォルナット製コーナーキャビネットを装備。リアキャビンに備わる17インチの大型モニターで、地上デジタル放送を含むTV視聴も可能となっている。さらにストレッチの長さや装備品を自在に選択できるセミオーダーも可能になる予定という。

ヤナセグループとして12年ぶりの販売となるキャデラックDTSリムジン。ホテルやウェディング、レストランなどの送迎車需要を見込み、初年度は年間12台の販売を予定している。

ベース価格は、1680万円となっている。

(webCG 曽宮)


全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

全長約6.5mのキャデラックDTSリムジン発売の画像

関連キーワード:
DTSキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • 第497回:ダウンサイズ&ミニマル志向のキャデラック
    新型クロスオーバー「XT4」を解説する
    2018.4.21 エディターから一言 ニューヨークオートショー2018で、キャデラックは新型クロスオーバー「XT4」を世界初披露した。同ブランドの新世代戦略の皮切りに位置付けられるXT4の見どころとは? ショー開幕前夜に開催されたプレビューの模様をまじえて、詳しく解説する。
  • テーマは“夏のヴァカンス”、「ルノー・カングー」の限定車発売 2018.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月13日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、同年5月24日に200台の台数限定で発売すると発表した。“フレンチアルプスの山と空”をイメージしたという2色の特別なボディーカラーを特徴としている。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る