【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像

2007.12.12 自動車ニュース

【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像

フォードが北米でマスタングの限定車「ブリット」を発売する。ここではエンジンやサスペンションがチューンされた同モデルの、ド派手な宣伝映像をお届けしたい。

■ドリフトあり、ジャンプもあり

1970年代にスクリーンを派手に飾ったあのクルマが帰ってきた。クルマの名は、フォード・マスタング。映画は『Bullitt』(ブリット)だ。

映画『Bullitt』は、スティーブ・マックイーン扮するサンフランシスコの刑事ブリットが、暗殺犯の男を追っていくアクションムービー。同作品は、マックイーンが運転するマスタングGT390と敵のダッジ・チャージャーによるカーチェイスが大きな見どころとなっている。

今回フォードが2008年モデルとして販売するマスタング・ブリットは、映画に登場した1968年式のマスタングからダークグリーンのボディカラーを受け継ぎ、エンジンやサスペンションをチューンアップしたスペシャルな仕様。外観はエンブレムやグリルのポニーマークなどを取り外した“ドレスダウン”により、ちょっと不良っぽい雰囲気に仕上げられている。

そのマスタング・ブリットの宣伝としてフォードが公開したプロモーション映像は、連続して繰り広げられるドリフトや急坂でのジャンプなど、映画の追跡劇を思い起こさせる一風変わった作品に仕上っている。そのショートムービーを入手できたのでごらんいただきたい。

マスタング・ブリットのプロモーション映像

(webCG 曽宮)


【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像の画像

【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像の画像

【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像の画像

【Movie】北米版限定マスタングのユニークなプロモーション映像の画像

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(FR/6AT)【試乗記】 2014.12.23 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティーカー「フォード・マスタング」の新型が日本に上陸。6代目のギャロッピングホースがどんな走りを見せるのか、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した限定モデルを試した。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る