第231回:パリの「PARIS MANGAショー」に潜入! クルマ介入の余地はなし!?

2012.02.10 エッセイ

第231回:パリの「PARIS MANGAショー」に潜入! クルマ介入の余地はなし!?

レトロモビルに行くつもりが……

ヒストリックカー見本市「レトロモビル」を見るため、2月はじめパリにやってきた。会場は例年と同じポルト・ド・ヴェルサイユの見本市会場である。その会場でのことだ。
他の催し物のリストに「PARIS MANGA」をみつけた。以前から見てみたいと思っていたが、ついぞ今まで訪れる機会のなかった、フランス版コミック、アニメおよびコスプレの見本市である。くしくもMANGAのパビリオンは、レトロモビルの隣だった。

観察していると、地下鉄駅から来る人々はメッセ敷地内に入ってから、若者はPARIS MANGA、おっさんはレトロモビル、というふうに、まるで分水嶺(れい)のごとく分かれてゆく。
ボクは若者たちについて行き、PARIS MANGAのパビリオンに入ってみた。入場料は10ユーロ(約1000円)。お金を払ってから振り向けば、背後には赤の革ジャン、帽子、サングラスでマイケル・ジャクソンになりきったお兄さんがいた。

第13回「PARIS MANGA」は、2012年2月4から5日の2日間開催された。会場内の様子。
第13回「PARIS MANGA」は、2012年2月4から5日の2日間開催された。会場内の様子。
ストリートファイター!?
ストリートファイター!?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。