【スペック】全長×全幅×全高=4570×1855×1690mm/ホイールベース=2660mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=334万9500円

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【試乗記】

でっかい弟 2007.12.12 試乗記 トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)
……334万9500円(車両本体価格)
トヨタの新型SUV「トヨタ・ヴァンガード」。2.4リッター直4と3.5リッターV6に試乗した。その印象は?
『NAVI』2007年11月号から転載。

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【短評】

RAV4ベースの7人乗りSUV

試乗会の会場に並んだ「トヨタ・ヴァンガード」を見て、「このクルマは何かに似ている、自分はこのクルマをどこかで見たことがある」と思った。沈思黙考、その吊り目が特徴のフロントマスクは、雑誌で見た「VWティグアン」やその兄弟車である「アウディQ3」を連想させるのだった。

てな書き方をするとまるでトヨタがドイツ車のマネっこをしたようですが、1994年デビューの「RAV4」以来、都市型コンパクトSUVは日本のお家芸である。ヴァンガードは、そのRAV4のホイールベースを100mm伸ばし、7人乗りの3列シート仕様を設定したモデル(定員5名の2列シート仕様もあり◯)。3.5リッターのV6と2.4リッターの直4がラインナップされるうち、まずは3.5リッターから乗り込んでみましょう。

内装をぐるっと見まわすと、シートの一部にあしらわれるアルカンタラやインパネの樹脂などに使われる茶色がシックで、黒いインテリアばかり見ている目には新鮮だ。大人っぽくて、よろしいと思います。
5段ATをDレンジに入れて走り出すと乗り心地はしなやかで、舗装の荒れた部分を軽くいなして進んでいく。かといって、速度を上げるとフラフラするということもなく、高速コーナーもナチュラルな姿勢を保ってクリアする。乗り心地と操縦安定性の優れたバランス感覚、このへんも大人っぽいかと存じます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンガードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
ホームへ戻る