クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4570×1855×1690mm/ホイールベース=2660mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=334万9500円

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【試乗記】

でっかい弟 2007.12.12 試乗記 トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)
……334万9500円(車両本体価格)
トヨタの新型SUV「トヨタ・ヴァンガード」。2.4リッター直4と3.5リッターV6に試乗した。その印象は?
『NAVI』2007年11月号から転載。

トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【短評】

RAV4ベースの7人乗りSUV

試乗会の会場に並んだ「トヨタ・ヴァンガード」を見て、「このクルマは何かに似ている、自分はこのクルマをどこかで見たことがある」と思った。沈思黙考、その吊り目が特徴のフロントマスクは、雑誌で見た「VWティグアン」やその兄弟車である「アウディQ3」を連想させるのだった。

てな書き方をするとまるでトヨタがドイツ車のマネっこをしたようですが、1994年デビューの「RAV4」以来、都市型コンパクトSUVは日本のお家芸である。ヴァンガードは、そのRAV4のホイールベースを100mm伸ばし、7人乗りの3列シート仕様を設定したモデル(定員5名の2列シート仕様もあり◯)。3.5リッターのV6と2.4リッターの直4がラインナップされるうち、まずは3.5リッターから乗り込んでみましょう。

内装をぐるっと見まわすと、シートの一部にあしらわれるアルカンタラやインパネの樹脂などに使われる茶色がシックで、黒いインテリアばかり見ている目には新鮮だ。大人っぽくて、よろしいと思います。
5段ATをDレンジに入れて走り出すと乗り心地はしなやかで、舗装の荒れた部分を軽くいなして進んでいく。かといって、速度を上げるとフラフラするということもなく、高速コーナーもナチュラルな姿勢を保ってクリアする。乗り心地と操縦安定性の優れたバランス感覚、このへんも大人っぽいかと存じます。


トヨタ・ヴァンガード350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【短評】

国内専用仕様

ヴァンガード/RAV4のシャシー開発を担当した第2シャシー設計部の高村俊さんにそのあたりを伺うと、2台の開発は同時に並行して行われたとのこと。ただし、RAV4が欧州への輸出を想定しているのに対し、ヴァンガードが日本国内専用仕様だった。したがって、アウトバーン的な速度域まで想定したRAV4よりも、ヴァンガードの方が低い速度域に照準を合わせている。ショックアブソーバーやバネの設定により、ヴァンガードはタウンスピードでの快適性に重きを置いたという。

2.4リッター直4とCVTの組み合わせも試してみる。こちらも力不足は感じないけれど、V6モデルの「ホロホロ」という乾いたサウンドと、4000rpmから上で盛り上がるパワーを経験した後だとちょっと寂しい。操縦感覚が乗用車ライクなので、エンジンに存在感がないとごくフツーのクルマを運転しているような気になってしまう。個人的にはV6に一票。

全体に、さすがこのセグメントの先駆者であるRAV4の兄弟だけあってよく練られている、というのが第一印象。あと、このセグメントもフォロワーが増えてきて、3列シートとか差別化が大変だな〜、というのが第二印象。

(文=サトータケシ/写真=峰昌宏/『NAVI』2007年11月号)

あなたにおすすめの記事
関連キーワード