試乗会場に並んだ、「ホンダ・シビック・タイプR」(写真手前)と「フィット」軍団。

ホンダ新型車試乗会(「フィット」&「タイプR」&「S2000」)【試乗記】

「都会でイケてるホンダ」を探す 2007.12.11 試乗記 ホンダ・フィット(FF/5MT)/シビック・タイプR(FF/6MT)/S2000 タイプS(FR/6MT)


「R」や「S」のバッジが輝く、スポーティモデル。走りの良さはちょっと横において、街なかでの“普段使い”はどうなのか? 『webCG』の近藤と関が、ホンダの新車試乗会で試してみた。

ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

フィット ……の「RS」

関(以下「せ」):まず試乗するのは「大賞受賞車」です。
コンドー(以下「コ」):あぁ、日本カー・オブ・ザ・イヤー? 「フィット」がとったね。太鼓判押されてたかて、遠慮はせえへんで。
せ:それにしても、東京のド真ん中で試乗会とは。燃費や取りまわしなど、コンパクトカーならではの魅力を再確認せよとの意図でしょうか?
コ:そうやろね。メインは、24km/リッター走る「1.3」。新開発のCVTな。


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:ボクも個人的にとても興味があって。色はやっぱりイメージカラーの「ブリリアントスカイブルー」が……って、この試乗車、まっ黄っ黄じゃないですか!
コ:これしか残ってなかったから、しゃーない。
せ:前回のライフも黄色だったし、個人的な趣味を優先させただけなんじゃ……。
コ:ブツクサ言わんと、早よしいや!


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:これ、1.5の「RS」じゃないですか。しかも、マニュアル!?
コ:そう。うれしいやろ。今日のテーマは、ホンダ限定「都会でイケてるスポーティグレード選手権」に決めた。よって、当然フィットもRS。


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:RSって、「レーシングスポーツ」じゃなくて「ロードセイリング」の略なのはご存知ですよね?
コ:……。


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:ゴルフボールのようなシフトレバーは、タッチグー。素早いシフトは望めませんが。
コ:もっとショートストロークにするとか、特別な感じ出したほうがいい。クラッチは、驚くほど軽いよなぁ! 軽すぎる!


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:渋滞ハマっても、これならぜんぜん苦じゃないですよ。
コ:サクッと結論。「スポーツを期待すると空振りする」。過剰な妄想は禁物。絶対MTがオススメというほどではない。
せ:でも、「気持ちよく流せる」。ロードセイリングとはよく言ったものです。
コ:開放感のあるクルマやし、細かい操作感はどうでもよくなるな。スカイルーフは絶対オススメ。後ろの人も楽しめる。この手の特大サンルーフは、もう常識になったね。


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:それだけ基本骨格がしっかりしているということでしょう。コンピューター解析の進歩で、フィットのボディ剛性は先代比164%だそうです。以前Bピラーのないクルマを運転したら、しっかりしていて感心しました。
コ:カットモデルに試乗して、一体ナニを確認してんねん!


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:本当に、視界がいいですね。この三角窓もポイントなんですよ。ピラーも2cm細くなって、表面積は先代の300%になりました。
コ:簡潔に「3倍」でええ。それに、まだ人が隠れてんで……そもそも、フロントウィンドウをやたら寝かすからこんな窓ができるねん。
せ:スポーツカーみたいなウェッジシェイプですからね。空力性能は燃費にも貢献しているでしょう。1.3で24.0km/リッター、1.5で19.6km/リッターです。


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

コ:中は広い。ぜーんぜんコンパクトじゃないレベル。トレッド拡幅も利いてる。頭上と後席の膝まわりは4〜5cmも広くなってるそうや。
せ:ドア内張りのエグりかたなども利いていますね。ただ……


ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

コ:デザインや色使い、か? いざとなったら、「ホンダ・アクセス」のオプション付けたらええやん。カスタマイズパーツが多いのもウリのひとつやから。
せ:インパネの色、好きなのに変えたいんですよ。シート表皮も好きにできるのかぁ。
コ:サイドシルに、LEDのウェルカムランプも付けられる。ようこそフィットへ。

【スペック】フィットRS:全長×全幅×全高=3920×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 SOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)/価格=178万5000円(テスト車=237万1000円/Sパッケージ=7万3500円/HDDインターナビシステム=21万円/ディスチャージヘッドライト=6万3000円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円/スマートキーシステム=5万2500円/16インチアルミホイール=8万4000円/フレキシブルラゲッジボード=2万1000円/VSA=5万2500円)
ホンダあれこれ試乗会 〜「都会でイケてるホンダ」を探す【短評】

せ:使い勝手や燃費など総合点では、フィット最強でしょう。これより都会にFitするスポーティなモデルって、何かありますか?
コ:あるね。ホンダには、赤いバッジのあのモデルがある!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2008.1.8 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)
    ……432万6000円

    ホンダの2シーターオープンスポーツ「S2000」に新グレードの「タイプS」が追加された。GTウイングを装着した新たなスポーティモデルに試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る