【スペック】全長×全幅×全高=4535×1820×1685mm/ホイールベース=2620mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.5kgm/4300rpm)/価格=248万円(テスト車=283万円/Hondaインターナビ+リンクアップフリー+センターディスプレイ+ETC車載器=35万円)

ホンダCR-V 20G(FF/CVT)【試乗記】

ココロもカラダもひろびろ 2012.02.15 試乗記 ホンダCR-V 20G(FF/CVT)
……283万円

4代目に進化したホンダのSUV「CR-V」に試乗。その乗り心地や使い勝手を、ベーシックな2リッターモデルでチェックした。

ガイシャの風情が味わえる

「トヨタRAV4」と並ぶ国産ライトクロカンの草分けが、4代目に移行した。「ホンダCR-V」である。
ヒットした初代モデルは国内メインだったが、3代目からは米国市場を強く意識するクルマになった。乗る人が減って、内需だけでは合わなくなっちゃったのだから仕方ない、と言えば後ろ向きで、そういうクルマはガイシャのつもりで乗り、外車テイストを積極的に味わうのが前向きだと思う。グローバルスタンダード化された日本車の新しい楽しみ方だ。

新型「CR-V」は、猫背のテールゲートがまずアメリカンだ。顔を大きく見せる3本ラインのフロントグリルは、“押し出し”がものを言う中国市場で受けそうだ。

運転席に乗って驚いたのは、高いアイポイントである。このクラスのライトクロカンとしては最もビッグフットな高さを感じさせる。
ボディーサイズは先代とほとんど変わらない。1820mmの全幅は同寸、全長と全高はむしろ3cm小さくなっているのに、室内寸法は75mm広がり、225mmも延びた。ミニバンの広さを狙ったといううたい文句にウソはなく、定員5名の車内は大変ルーミーだ。それやこれやで、“ガタイ”のよさはライトクロカンというよりもグランドクロカンである。

しかし、品ぞろえはコンパクトになった。2リッターのFF(248万円)と2.4リッターの4WD(275万円)の2グレードのみ。試乗したのはパワーユニットが新しくなった2リッターモデルである。


ホンダCR-V 20G(FF/CVT)【試乗記】の画像
「瞬間認知・直感操作」を突き詰めてデザインしたという運転席まわり。ボンネットの見切りやAピラー周辺に対する視界のよさもウリである。
「瞬間認知・直感操作」を突き詰めてデザインしたという運転席まわり。ボンネットの見切りやAピラー周辺に対する視界のよさもウリである。
後席に掛けてみる。先代モデルと変わらぬ全幅の新型だが、室内幅は75mmも広くなっている。
後席に掛けてみる。先代モデルと変わらぬ全幅の新型だが、室内幅は75mmも広くなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)【試乗記】 2012.3.5 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)
    ……352万円

    燃費、快適性、機能性、そして走破性の改善と、全方位の進化がうたわれる新型「CR-V」。その日常性能を試すために、上級の「24G」グレードで箱根を目指した。
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダ・クロスロード【試乗速報】 2007.2.28 試乗記 ホンダ・クロスロード

    2007年2月22日、ホンダの新型「クロスロード」がデビューした。3列シートに7人乗りの現代的コンパクトSUVに河村康彦が北海道で試乗。雪上会場からの報告。
  • ホンダ、「CR-V」をマイナーチェンジ 2012.10.12 自動車ニュース 本田技研工業は、SUVの「CR-V」をマイナーチェンジし、2012年10月11日に発売した。
ホームへ戻る