第20回:日本OTAKUならマツダに乗れ!欧州版アテンザに「GINZA」仕様

2007.12.08 エッセイ

第20回:日本OTAKUならマツダに乗れ!欧州版アテンザに「GINZA」仕様

日本街に異変あり

パリ・オペラ座界隈の日本レストラン&ショップといえば、フランス出張した方なら一度はお世話になっているに違いない。
この秋のこと、まさにその界隈にあるネットカフェに赴いた。日本語PC完備が売りで、前から「これは便利だろうな」と思っていた店である。ところがお店の人いわく「実は今日で、お店を閉じるんです」と、偶然最後の日に立ち会ってしまったのだ。

初めて訪れた店だというのに何やら感傷的な気分にひたりながら、ボクは店のドアを閉めて歩き始めた。するとどうだ、近所にある日本レストランも閉店しているではないか。
思えば、パリにおける日系商業施設に陰りが差したのは2002年ごろだった気がする。その年、地区は違うがホテル・ニッコー・ド・パリがノボテルに変わったのだ。それに前後して、周辺にあった日本レストランも淘汰が進んだ。
ホテル・ニッコー自体は日本航空の問題だろう。だが、レストラン衰退のほうは日系企業の駐在員数が減り、残留した駐在員も円安でお金が使いづらくなくなったことに起因するものに違いない。

ただし、日本関係の商店全体が停滞しているかというと、そうでもない。あいかわらず繁盛しているばかりか、行列までできている和食店やラーメン店もある。ちょっと前までは見られなかった現象だ。
並んでいるのは若いフランス人の客が多い。明らかに日本のアニメを観て育った世代である。彼らにとって日本のカルチャーは、何でも大いなる関心の対象なのである。

大手AV&書店の「フナック」にあるMANGAフロアや、パリにもあるブックオフで日本の空気を楽しむ合間に、和食を食べにくる。彼らは最近増えてきた他のアジア人系による和食風レストランではなく、本当の日本人経営の店を口コミで知っていて、その中でもおいしい店に並ぶのである。
ボクが知るパリ在住フランス人エンジニアも、「うどんはサンタンヌ通りの国虎屋」と決めていて、メインディッシュの前にちゃんと日本のビールと枝豆を味わうのを習慣としている。今やパリの日本街は、新世代フランス人に支えられ始めたのである。

パリ、日本料理店が並ぶ界隈。
第20回:日本OTAKUならマツダに乗れ! 欧州版アテンザに「GINZA」仕様
ある和食店に出ていた閉店のお知らせ。
第20回:日本OTAKUならマツダに乗れ! 欧州版アテンザに「GINZA」仕様
右手前の赤いビルが元ホテル・ニッコー(現ノボテル)。昔、日航が植樹した桜が残る。
第20回:日本OTAKUならマツダに乗れ! 欧州版アテンザに「GINZA」仕様

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。