【スペック】全長×全幅×全高=3895×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(113ps/6000rpm、14.3kgm/4000rpm)/価格=158万円(テスト車=177万4250円)

マツダ・デミオSPORT(FF/CVT)【ブリーフテスト】

マツダ・デミオSPORT(FF/CVT) 2007.12.07 試乗記 ……177万4250円
総合評価……★★★
発売から1月で目標販売台数の3倍の受注をうけたという、人気の「マツダ・デミオ」。専用チューンのサスペンションと16インチタイヤを装着するスポーティグレードでその走りを試す。

「マツダ2」と呼びたくなる

初代、2代目と続いた“ミニワゴン”デザインを捨て去り、いかにもヨーロッパでウケそうなスタイリッシュなハッチバックに変身した3代目「マツダ・デミオ」。新旧を並べて「どっちがカッコイイ?」と聞かれたら、私は迷わず「新型!」と答えるが、ここまでコンセプトが違ってくると、個人的には「デミオ」ではなく「マツダ2」と呼びたくなる。

そんな、まるで異なる新旧デミオなのに、とても似ているのが「SPORT」というグレードだ。その名のとおり、スポーティな性格が与えられるトップモデルで、エアロパーツやワイドタイヤが標準装着されたり、黒を基調としたインテリアが使われるなど、雰囲気づくりに抜かりはない。
その一方で、エンジンは別にスペシャルなものではなく、他のグレードにも搭載される1.5リッターを採用するところがすこし拍子抜け。実際に運転してみても、我慢や不便を強いられることがないかわりに、とりたててホットなクルマじゃないところも、新旧デミオSPORTに共通する。“ホットハッチ”を期待する人には向いていないが、ノーマルグレードと違う個性を手に入れるには、お手頃な選択肢といえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る