第344回:コージの考察「新型GT-Rはなぜウケてるのか?」
それは“スーパーカー日本代表”だからである!

2007.12.06 エッセイ

第344回:コージの考察「新型GT-Rはなぜウケてるのか?」それは“スーパーカー日本代表”だからである!

サッカーもスポーツカーも本質は似ている

「日産GT-R」、かなりキてます。
ごらんの通り、先日、前代未聞の“未完成の首都高山手トンネル”でのイベントが行われ、女優の米倉涼子ちゃんも来て盛り上がったわけだけど、そこで改めて思ったなぁ。「いいクルマには必ずストーリーがある」って。

正直言うとオレ、新型GT-Rに対しては冷めてた部分があるのね。たしかに最高出力480psでトランスアクスルのフルタイム4WD、最高速はオーバー300km/hで素晴らしく速くてデキがいいのはわかる。だけど、それが日本でどんな意味があるのかなぁと。良くてもその性能を引き出す場所がないじゃないか、と。
さらにいえば、2005年のモーターショーで発表された「GT-Rプロト」とほぼ変わらないままのエクステリアデザインにもあまりピンとこなかった。「これってホントにカッコいいの?」と。当初の「日本のスーパーカー」っていうフレーズも、あまり心に染みるものではなかった。

ところが今、だんだん染みてきてるんです。
それはまず東京モーターショーであれだけ熱い支持を得ていたことがきっかけ。最初はてっきり、一部のクルママニアにだけウケてると思ってたんだけど、まったく違うんだなぁ。会場で聞くとクルマ好きはもちろん、いまどきの大学生、それも男性のみならず女性にも支持されており、ことによっては子供にすら注目されてる。だから「なんなんだこの熱さは……」とずーっと考えていた。解せなかった。

しかしふと気付いたのだ。これは“サッカー日本代表に対する熱さ”と全く同じなのだと。

GT-R現象を、単に“世界に冠たるいいクルマが出た”と分析していてはいつまでたっても見えてこない。そうじゃない。“日本人が日本人だと誇れる強いクルマ”と考えるとすべてのツジツマがあうのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』