【スペック】全長×全幅×全高=4855×1845×1490mm/ホイールベース=2885mm/車重=1920kg/駆動方式=FR/4.8リッターV8DOHC32バルブ(367ps/6300rpm、50.0kgm/3400rpm)/価格=1023万円

BMW550iツーリング(FR/6AT)【試乗記】

変わらぬダイナミズム 2007.12.06 試乗記 BMW550iツーリング(FR/6AT)
……1023万円(車両本体価格)
“M”を除けば最上位グレードとなる「550iツーリング」。『CG』高平高輝がマイナーチェンジ後の変更点と走行性能を検証した。
『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。
367ps/6300rpmと50.0mkg/3400rpmを生み出す4.8リッターV8エンジン。嬬恋高原を往復した約600kmの平均燃費は7.7km/リッター。
BMW550iツーリング(FR/6AT)【短評】

フラつかない

ジョイスティックのようなATレバーの感触を確かめながら表通りに出て加速した途端、ブブブブブッとステアリングホイールが震えた。エッ、走り出していきなりパンク? ランフラットなのに? と慌てたが、どうも様子が違う。後で確認してみると、やはりこの550iツーリングには一部の日本車と同じようなレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)なるものが装備されていた。BMWはこれ見よがしの表示をしないので目に付きにくいが、どうやら新しい5シリーズは電子装備満載らしい。

M5を含めた5シリーズ・セダン/ツーリングの全モデルがいわゆるビッグマイナーチェンジを受けて6月末に国内発売された。マイナーチェンジの主眼は装備の拡充と使い勝手の向上で、エクステリアの変更点は多くない。ヘッドライトがクリアガラスになって切れ長の“鷹の目”がより強調されたこととエアインテーク周辺の形状が若干変更されたこと、リアのコンビネーションライトにもクリアレンズが採用され、ウィンカーがLED式に変更されたことぐらいだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その10) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。BMWは新型「5シリーズ」のワゴンバリエーション「5シリーズ ツーリング」を世界初公開。BMWアルピナは「B5ビターボ」を披露した。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る