【スペック】全長×全幅×全高=4420×1800×1550mm/ホイールベース=2635mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(156ps/6300rpm、19.4kgm/5100rpm)/価格=294.0万円(テスト車=331万1400円)

ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)【ブリーフテスト】

ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT) 2007.12.05 試乗記 ……331万1400円
総合評価……★★★


2007年夏、アメリカから上陸した「ダッジ」ブランド。SUV調な外観を纏い、もっとも日本の環境にマッチしそうなコンパクトモデル「キャリバー」に試乗した。

カッコいい……しかし!

大型の“クロスヘア”フロントグリルに、はやりのクロスオーバースタイルのフォルム、サイドビューを際だたせる太いブラックのルーフモールなど、「キャリバー」のエクステリアには人目を引く要素がたくさんある。
お世辞抜きにカッコいいと思うし、とくに斜め後ろからの眺めが私のお気に入りだ。

そんな強いデザイン力を持つキャリバーは、2007年に日本上陸を果たしたダッジのエントリーモデルで、アメリカ車としては扱いやすいサイズと、輸入車にしては比較的手頃な価格設定(SE:263万5500円、SXT:294万円)を武器に、日本市場での健闘が期待される。
が、思惑どおりに事を進めるのは難しそうだ。

走りっぷりが可もなく不可もなくというのはいいとしても、インテリアなどのクオリティは200万円台後半のクルマとしては納得できないつくりで、それを笑い飛ばせるだけの何かがあるならともかく、ブランドの認知度もまだ低いいまの状況では、積極的にこのキャリバーを選ぶ理由は見いだしにくい。本気で日本市場を考えるなら、まずはクオリティ向上など、もうひとふんばりほしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャリバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.15 試乗記 ダッジ・キャリバー SXT(FF/CVT)
    ……294.0万円

    「かわいいらしさとは無縁のクルマ」と自らを紹介するダッジ・キャリバー。日本への正規輸入が始まったマッチョなベーシックモデルに、沖縄で乗った。
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.11.28 試乗記 ……361万2000円
    総合評価……★★★★

    アメ車らしいゴツいエクステリアが特徴の「ダッジ・ナイトロ」。プレミアムやスポーティなSUVがひしめく中、このクルマの輝きはどこにあるのか?
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る