メルセデス・ベンツ「Mクラス」に5.5リッターV8エンジン搭載モデルを追加

2007.12.04 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「Mクラス」に5.5リッターV8エンジン搭載モデルを追加

メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムSUV「Mクラス」に新世代5.5リッターV型8気筒エンジン搭載の「ML 550 4MATIC」を設定、2007年12月4日に発売した。

「ML 550 4MATIC」に搭載されるのは、新世代5.5リッターDOHCV型8気筒エンジン。先代に比べ最大出力が+81psの387ps、最大トルクは+70Nmの530Nmと向上し、オン・オフともに快適な走りを実現。
前後の傷害物を知らせる「パークトロニック」や自動開閉テールゲートが標準装備され、安全性と利便性が高められた。

環境性能では、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆低排出ガス車)」の認定を取得している。価格は、1020.0万円

なお、その他のグレードも価格が見直され「ML 350 4MATIC」が735.0万円、「ML 63 AMG」は1413.0万円となった。

(webCGワタナベ)

メルセデス・ベンツ「Mクラス」に5.5リッターV8エンジン搭載モデルを追加の画像

関連キーワード:
Mクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • 「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様が登場 2017.6.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月7日、「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様を追加設定し、販売を開始した。同社がAMGモデルの販売を始めた2001年以降で、「Gクラス」のAMGモデルとしては初の右ハンドル仕様となる。価格は1971万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
ホームへ戻る