【スペック】全長×全幅×全高=4565×1785×1510mm/ホイールベース=2575mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボインタークーラー付き(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1800-5000rpm)/価格=335万円(テスト車=362万3000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント2.0TSIスポーツライン(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント2.0TSIスポーツライン(FF/2ペダル6MT) 2007.12.04 試乗記 ……362万3000円
総合評価……★★★
フォルクスワーゲン「ゴルフ」のワゴンモデルが、3代目では「ゴルフヴァリアント」と名称を変えて登場! 2リッターのスポーティモデルに試乗した。

最大1495リッターの荷室

2代にわたって用いられた“ワゴン”の名称を改め、兄貴分パサートと同じ“ヴァリアント”の名前で登場したのが、日本では2002年2月に発売された「ゴルフ・ワゴン」の後継モデルである「ゴルフ・ヴァリアント」。当然、現行ゴルフのステーション・ワゴンという位置づけではあるものの、実は外観上は現行ジェッタがベース。鋭い人であれば、ドアハンドルの上部をキャラクター・ラインが通過するサイドパネルやフロントフェンダーの造形が、ゴルフではなくジェッタのそれと共通であることに気づくはず。生産を行うのもジェッタと同じメキシコ工場となる。

そもそもユーティリティに優れるのがハッチバックというボディ形態であるだけに、ゴルフ“ハッチ”のワゴン版たるヴァリアントは、ゴルフを明確に凌ぐ圧倒的な積載性能が大きな売り物。300mm以上延長されたボディは、もちろん「より大容量のラゲッジスペースを生み出すため」。後席使用時に505リッター、後席アレンジ時には1495リッター(いずれもISO計測法)まで拡大されるという荷室容量は、従来のゴルフ・ワゴンのそれをそれぞれ45、25リッター上まわる。

 
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント2.0TSIスポーツライン(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】の画像
 
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント2.0TSIスポーツライン(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る