「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

2007.12.03 自動車ニュース
最も人気の「ダークグレー・メタリック」
「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

富士重工業は、2007年10月24日に発売した新型「インプレッサ WRX STI」が、発売後約1か月間で1867台を受注したと発表した。これは月販目標450台の4倍強の数字。

メーカーオプションの「レカロ製バケットシート」
「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

購入を決めたオーナーの年齢層は、30代が約半数で、40代もあわせると全体の74.2%を占める。男女比率では、男性が97.6%と、圧倒的に男性が多い。

ボディカラーは、イメージカラーの「ダークグレー・メタリック」が27.8%と最も人気。続いて、スバルのラリーカーでお馴染みの「WRブルー・マイカ」が26.5%と僅差で迫り、「ピュアホワイト(13.5%)」「オブシディアンブラック・パール(12.2%)」と続く。

メーカーオプションは走りに関するものに人気が集まっており、レカロ製フロントバケットシートは全体の約半数、BBS製18インチ鍛造アルミホイールは3分の1のオーナーが、装着してのオーダーをしているという。

(webCG 依田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る