「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

2007.12.03 自動車ニュース
最も人気の「ダークグレー・メタリック」
「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

富士重工業は、2007年10月24日に発売した新型「インプレッサ WRX STI」が、発売後約1か月間で1867台を受注したと発表した。これは月販目標450台の4倍強の数字。

メーカーオプションの「レカロ製バケットシート」
「インプレッサ WRX STI」目標を超える受注、97.6%が男性オーナー

購入を決めたオーナーの年齢層は、30代が約半数で、40代もあわせると全体の74.2%を占める。男女比率では、男性が97.6%と、圧倒的に男性が多い。

ボディカラーは、イメージカラーの「ダークグレー・メタリック」が27.8%と最も人気。続いて、スバルのラリーカーでお馴染みの「WRブルー・マイカ」が26.5%と僅差で迫り、「ピュアホワイト(13.5%)」「オブシディアンブラック・パール(12.2%)」と続く。

メーカーオプションは走りに関するものに人気が集まっており、レカロ製フロントバケットシートは全体の約半数、BBS製18インチ鍛造アルミホイールは3分の1のオーナーが、装着してのオーダーをしているという。

(webCG 依田)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る