【スペック】全長×全幅×全高=4935×1855×1475mm/ホイールベース=2845mm/車重=1860kg/駆動方式=4WD/2.8リッター V6DOHC24バルブ(210ps/5500〜6800rpm、28.6kgm/3000〜5000rpm)/価格=654.0万円(テスト車=781.0万円)

アウディA6アバント 2.8FSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディA6アバント 2.8FSIクワトロ(4WD/6AT) 2007.12.03 試乗記 ……781.0万円
総合評価……★★★★

ミドルクラスワゴン「アウディA6アバント」の4WDモデルに、2.8リッターモデルが追加された。ただし、エンジンは最新型。
一体、どんな走りを見せるのか?
 
アウディA6アバント 2.8FSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

ふところに新兵器

ドイツ車といってもいろいろある。個人的な感想を述べれば、アウディとBMWは他と違う部分が多いように思えてならない。だから最近この2ブランドを出すとき「南ドイツ車」という表現を使うようにしている。

たとえば新技術を導入したときも、北のブランドは「これでもか!」とアピールしまくるのに、南の2社はまるでフランス車のように、あっさりアナウンスするにとどめることがある。

今回乗った「A6アバント 2.8FSIクワトロ」もそうだった。「アウディ・バルブリフトシステム」と呼ばれる同社初のメカニズムが投入されているのだが、それよりも「A6に2.8リッターのクワトロが追加された」というメッセージのほうが強く響いてくる。しかも乗ったのは発表前。僕は2段階可変のバルブリフト機構が搭載されていることに気づかぬまま、試乗を終えてしまった。でも裏を返せば、存在に気づかないのはテクノロジーの完成度が高い証拠でもある。

A6アバントに、3リッター以下のクワトロ、700万円以下のクワトロが加わったことは、メルセデス・ベンツやBMWなどのライバルとの比較で、大きな武器になる。そこにさりげなく新兵器を仕込む。南独生まれらしいインテリジェンスが感じられるニューモデルである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
ホームへ戻る