「マツダCX-5」のバンパーはクラス最軽量

2012.02.10 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」に約20%軽量なバンパーを採用

マツダは2012年2月9日、日本ポリプロと共同で、車両を軽量化する自動車部品用樹脂材料を開発したと発表した。

この樹脂素材は、従来と同等の剛性を保ちながら部品をより薄肉で製造できるため、材料使用量の大幅な削減に役立つ。フロントおよびリアバンパーに採用した場合、約20%の軽量化が期待できるという。まずは新型クロスオーバー車「マツダCX-5」に採用し、順次その他の新型車に展開していく予定。

製造工程においては、薄肉化により成形時の冷却時間を短縮したことに加え、樹脂材料の流動性の最適化により、従来約60秒かかっていたバンパーの成形時間を半分の30秒に縮めた。これによって、製造時に消費するエネルギーを大幅に削減することが可能になったという。

(webCG 竹下)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る