「マツダCX-5」のバンパーはクラス最軽量

2012.02.10 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」に約20%軽量なバンパーを採用

マツダは2012年2月9日、日本ポリプロと共同で、車両を軽量化する自動車部品用樹脂材料を開発したと発表した。

この樹脂素材は、従来と同等の剛性を保ちながら部品をより薄肉で製造できるため、材料使用量の大幅な削減に役立つ。フロントおよびリアバンパーに採用した場合、約20%の軽量化が期待できるという。まずは新型クロスオーバー車「マツダCX-5」に採用し、順次その他の新型車に展開していく予定。

製造工程においては、薄肉化により成形時の冷却時間を短縮したことに加え、樹脂材料の流動性の最適化により、従来約60秒かかっていたバンパーの成形時間を半分の30秒に縮めた。これによって、製造時に消費するエネルギーを大幅に削減することが可能になったという。

(webCG 竹下)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」 拡大

関連キーワード:
CX-5マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 「マツダCX-3」大幅改良、上質な内外装の特別仕様車も 2018.5.17 自動車ニュース マツダが小型クロスオーバーSUV「CX-3」を大幅改良。乗り心地や静粛性を向上させたほか、新たに1.8リッターディーゼルエンジンを採用した。同時に、ナッパレザーのシートなど、上質な内外装が特徴の特別仕様車「エクスクルーシブ モッズ」も設定している。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • 第502回:「マツダCX-3」のカラーデザイナーを直撃
    “CMFデザイン”で、より感性に響くインテリアに
    2018.5.19 エディターから一言 オーナーの実に4割が女性という、マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。2018年5月の一部改良で、このクルマのカラー&トリムを担当した2人の女性デザイナーへのインタビューを通し、“女性に選ばれるクルマ”をつくる秘訣について考えた。
ホームへ戻る