「マツダCX-5」のバンパーはクラス最軽量

2012.02.10 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」に約20%軽量なバンパーを採用

マツダは2012年2月9日、日本ポリプロと共同で、車両を軽量化する自動車部品用樹脂材料を開発したと発表した。

この樹脂素材は、従来と同等の剛性を保ちながら部品をより薄肉で製造できるため、材料使用量の大幅な削減に役立つ。フロントおよびリアバンパーに採用した場合、約20%の軽量化が期待できるという。まずは新型クロスオーバー車「マツダCX-5」に採用し、順次その他の新型車に展開していく予定。

製造工程においては、薄肉化により成形時の冷却時間を短縮したことに加え、樹脂材料の流動性の最適化により、従来約60秒かかっていたバンパーの成形時間を半分の30秒に縮めた。これによって、製造時に消費するエネルギーを大幅に削減することが可能になったという。

(webCG 竹下)

「マツダCX-5」
「マツダCX-5」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る