第19回:赤ビキニに思わずドッキリ? ドライバーを幻惑する巨大ポスター

2007.12.01 エッセイ

第19回:赤ビキニに思わずドッキリ?ドライバーを幻惑する巨大ポスター

勝負ランジェリーの季節だ!

東京では11月に入るか入らないかのうちにクリスマスのデコレーションを見かけるようになる。
イタリアでは、クリスマスムードは11月も終わろうという頃からだ。それも本格的に盛り上がるのは、12月に入ってキリスト教暦のアドベントが始まってからである。

ただしスタートすると、その規模はすさまじい。商業団体コンフェゼルチェンティが先日発表した市場予測によれば、今年もイタリア人全体で、180億ユーロ(2兆8980億円)をクリスマスのために消費するという。
そんな季節、クルマを走らせていて気になるのは、街のあちこちに現れる、派手なランジェリーの巨大ポスターである。

もちろん、クリスマスの勝負下着特需を煽るためだろう。だがもうひとつ、イタリアでは「大晦日に赤い下着を着用して寝ると、運がいい」という言い伝えがあるのも事実だ。つまり文化的背景も存在するのである。
こうした女性の巨大ポスターが現れるシーズンは、ほかにもある。ヴァカンスシーズンを直後に控えた春で、それは秋口まで続く。
そしてバトンタッチするように、今度は前述のクリスマス広告が始まるのだ。つまり、ほぼ1年に2回、美女たちが現れる。

せっかく買った新車です。脇見はやめましょう。
せっかく買った新車です。脇見はやめましょう。
よく見ると、悩ましいポスター多し。
よく見ると、悩ましいポスター多し。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。