「アルファ159」にスポーティグレード「TI」が追加

2007.11.29 自動車ニュース

「アルファ159」にスポーティグレード「TI」が追加

フィアットグループ・オートモービルズ・ジャパンは、セダン「アルファ159」に、よりスポーティなグレード「アルファ159 3.2 JTS Q4 Qトロニック TI」を設定。2007年12月1日に発売する。

ベースとなるのは、右ハンドルの「アルファ159 3.2 JTS Q4 Qトロニック」。「TI=Turismo Internazionale」(トゥリズモ インテルナツィオナーレ)の称号を冠する新グレードは、159を「ロングツーリングなど公道でのドライブを前提に、スポーツカーがもつ運転する楽しさを提供するためにモディファイした」(リリース)というものだ。

専用の「サイドスカート」「19インチアロイホイール」「ブレーキキャリパー(フロントはブレンボ)」「スポーツサスペンション」などで、走りの質感をよりスポーティに。
インテリアは、アルファ・ロメオのロゴを赤の刺繍であしらった「スポーツレザーシート」を装備。さらに、「オーディオコントローラー付きスポーツレザーステアリング」「アルミ製ヘアライン仕上げセンターパネル」「キックプレート」など専用装備でかため、TIのスタイリッシュでスポーティなキャラクターを強調する。

なお、エンジン等のスペックは、標準モデルと同様。価格は530.0万円で、ほかの3.2リッターモデル(540.0〜585.0万円)より求めやすくなっている。

(webCG 関)

「アルファ159 3.2 JTS Q4 Qトロニック TI」
「アルファ159 3.2 JTS Q4 Qトロニック TI」

「アルファ159」にスポーティグレード「TI」が追加の画像
赤いロゴ刺繍入りの専用シート。
赤いロゴ刺繍入りの専用シート。

関連キーワード:
アルファ159アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る