【スペック】全長×全幅×全高=4495×1810×1480mm/ホイールベース=2650mm/車重=1520kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ・ターボインタークーラー付き(280ps/6500rpm、43.0kgm/3500rpm)/価格=370万5450円(テスト車=391万5450円)

三菱ランサーエボリューションX GSR ハイパフォーマンスパッケージ(4WD/5MT)【ブリーフテスト】

三菱ランサーエボリューションX GSR ハイパフォーマンスパッケージ (4WD/5MT) 2007.11.29 試乗記 ……391万5450円
総合評価……★★★★
三菱の高性能スポーツセダン「ランサーエボリューション」の最新モデル「X(テン)」に試乗。10代目の走りとは!?

三菱ランサーエボリューションX GSR ハイパフォーマンスパッケージ(4WD/5MT)

機械との対話

2007年10月、「インプレッサWRX STI」よりひとあし先にフルモデルチェンジを果たした「ランサーエボリューションX」。ライバルがセダンから5ドアハッチへ大きく転換したのとは対照的に、ランサーエボリューションは4ドアセダンスタイルを踏襲。実際に走らせてみても、両者の性格はずいぶん違う。どちらも速いが、ランサーエボリューションのほうがイージーにスピードを楽しめるのだ。

それに大きく貢献しているのは、S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)と呼ばれる制御システム。ここでは詳しい説明を省略するが、電子デバイス介入をほとんど意識することなく、自分の腕が上がったと錯覚するほど、気持ちのいいコーナリングが楽しめるのが、このランサーエボリューションの醍醐味である。

その自然さが、実は不自然だったりするわけで、冷めた目で見ると、“クルマに乗せられている”感じがしないこともない。その点、ライバルのインプレッサWRX STIは、ドライバーがクルマを操っているという感覚がいまだ強く、ドライバーがどこまで運転に介入できるかが、両者の違いということになる。デュアルクラッチSSTなら、さらにイージーに扱うことができるランサーエボリューションX。間口の広さではランサーエボリューションに軍配が上がるが、私のように、“もう少し積極的に関わりたい”と思ういまや古典的な人間には、インプレッサWRX STIのほうが向いているのかもしれないなぁ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)【試乗記】 2005.11.21 試乗記 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)
    ……353万8500円

    「ランエボ」といえば過激なスポーツセダンの代名詞だったが、9代目にして初めてワゴンモデルが登場した。5段ATを備える「ランサーエボリューションワゴンGT-A」に試乗した。


  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
ホームへ戻る