「ボクスター」に300psオーバー、37台の限定モデル登場

2007.11.28 自動車ニュース

「ボクスター」に300psオーバー、37台の限定モデル登場

独ポルシェは、同社のミドシップオープン「ボクスター」に限定モデル「ボクスターRS60スパイダー」を導入すると発表した。

「ボクスターRS 60スパイダー」は、3.4リッターのボクサー6エンジンを搭載した「ボクスターS」がベース。名前は1960年代にレースシーンで活躍した「ポルシェ・タイプ718 RS60スパイダー」に由来する。

エグゾーストシステムやデュアルテールパイプなど、主に排気系が改良された結果、最高出力はベース車比+8psの303psを達成。「19インチホイール」「電子制御サスペンション(PASM)」を標準装備とし、よりスポーティに振られた。

エクステリアはシルバー、インテリアとソフトトップはレッドを基調にまとめられる。なお、ダークグレーのインテリアとブラックソフトトップの組み合わせも選択可能である。その他、“RS60 Spyder”と刻まれた各種ボディパーツのほか、ブラック塗装のフロントガラスフレーム、レッドのテールライトユニットなど、特別なモデルであることを強調する装備が多数装着されている。

価格は、914万円(5AT、左/右ハンドル)と872万円(6MT、左ハンドル)。世界で1960台限定のこのモデル。日本には37台が割り当てられる予定である。現在のポルシェの納車待ち状況を察すると、購入希望の方は早めに申し込んだほうがよさそうだ。

(webCG 玉城)


「ボクスター」に300psオーバー、37台の限定モデル登場の画像

「ボクスター」に300psオーバー、37台の限定モデル登場の画像

「ボクスター」に300psオーバー、37台の限定モデル登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る