日産スカイライン50周年記念モデルと新グレードが追加発売

2007.11.28 自動車ニュース

日産スカイライン50周年記念モデルと新グレードが追加発売

日産自動車は、スカイラインの生誕50周年を記念し、期間限定車「50th Limited」を設定し、2007年11月27日に発売した。同時に新グレードの「250GT Type S」を追加し発売した。

50周年記念モデル「50th Limited」は、「250GT Type P」「250GT FOUR Type P」「350GT Type P」「350GT Type SP」をベースに、アニバーサリーレッドの専用本革シート(前席シートヒーター付き)を採用するほか、前席には、50周年記念の刺繍や、専用本アルミフィニッシャー、シリアルナンバープレートの装備を追加するなどし、特別感を演出。
追加された新規グレード「250GT Type S」は、「350GT Type S」に装着される、「18インチアルミホイール」「パドルシフト」などを標準装備する。今回の追加にともない、オプション設定の見直しおよび仕様変更なども行なわれた。

なお、「50th Limited」は、2008年3月末日受注分までの期間限定販売となる。
価格は、以下の通り。

・250GT Type S(FR/5AT):321万3000円
・250GT Type P 50th Limited(FR/5AT):342万3000円
・350GT Type P 50th Limited(FR/5AT):369万6000円
・350GT Type SP 50th Limited(FR/5AT):390万6000円
・250GT FOUR Type P 50th Limited(4WD/5AT):369万6000円

(webCGワタナベ)

「350GT Type SP 50th Limited」
「350GT Type SP 50th Limited」

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定 2017.11.30 自動車ニュース
  • 【LAショー2017】マツダがマイナーチェンジ版「アテンザ」を世界初公開 2017.11.30 自動車ニュース