【スペック】SRセットオプション装着車:全長×全幅×全高=3395×1475×1535mm/ホイールベース=2360mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直DOHC12バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6500rpm、10.5kgm/3500rpm)/価格=147.0万円(テスト車=同じ)

スズキ・セルボSR(FF/CVT)【試乗記】

軽のスケールを越えた 2007.11.27 試乗記 スズキ・セルボSR(FF/CVT)
……147.0万円
スタイリッシュ&スポーティを持ち味とする「セルボ」に最上級グレード「SR」が追加設定された。内外装と走りのクオリティを試す。

セルボをさらに贅沢に

上質さをウリに、スズキの軽ラインナップのなかでは高価格帯商品に位置づけられる「セルボ」。懐に余裕のある団塊世代や小型車からの乗り換えユーザーを狙ったモデルなのだが、そんなセルボに追加された「SR」は“プレミアム スポーティ コンパクト”をテーマにつくられた最上級グレード。ちなみに、SRは“Sporty & Refined”を意味するそうで、スポーティさと上品さにさらに磨きをかけたクルマ、ということになる。

たとえば“スポーティ”なところとしては、搭載されるパワートレインが一番の注目ポイントだ。最高出力64ps/6400rpm、最大トルク10.5kgm/3500rpmを誇る660cc直列3気筒ガソリン直噴ターボに、JATCO製の7段マニュアルモード付CVTを組み合わせることでスポーティさをアピールしながら、10・15モード燃費はFFで23.0km/リッター、4WDで21.0km/リッターと、シリーズ中トップのデータをマーク。さらに、低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)と燃費基準達成(FFが+20%、4WDが+10%)の条件を満たすことで、現時点では軽のターボ車としては唯一、グリーン税制対象車となるのも見逃せない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セルボの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
ホームへ戻る