【スペック】SRセットオプション装着車:全長×全幅×全高=3395×1475×1535mm/ホイールベース=2360mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直DOHC12バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6500rpm、10.5kgm/3500rpm)/価格=147.0万円(テスト車=同じ)

スズキ・セルボSR(FF/CVT)【試乗記】

軽のスケールを越えた 2007.11.27 試乗記 スズキ・セルボSR(FF/CVT)
……147.0万円
スタイリッシュ&スポーティを持ち味とする「セルボ」に最上級グレード「SR」が追加設定された。内外装と走りのクオリティを試す。

セルボをさらに贅沢に

上質さをウリに、スズキの軽ラインナップのなかでは高価格帯商品に位置づけられる「セルボ」。懐に余裕のある団塊世代や小型車からの乗り換えユーザーを狙ったモデルなのだが、そんなセルボに追加された「SR」は“プレミアム スポーティ コンパクト”をテーマにつくられた最上級グレード。ちなみに、SRは“Sporty & Refined”を意味するそうで、スポーティさと上品さにさらに磨きをかけたクルマ、ということになる。

たとえば“スポーティ”なところとしては、搭載されるパワートレインが一番の注目ポイントだ。最高出力64ps/6400rpm、最大トルク10.5kgm/3500rpmを誇る660cc直列3気筒ガソリン直噴ターボに、JATCO製の7段マニュアルモード付CVTを組み合わせることでスポーティさをアピールしながら、10・15モード燃費はFFで23.0km/リッター、4WDで21.0km/リッターと、シリーズ中トップのデータをマーク。さらに、低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)と燃費基準達成(FFが+20%、4WDが+10%)の条件を満たすことで、現時点では軽のターボ車としては唯一、グリーン税制対象車となるのも見逃せない。

関連記事 ホームへ戻る