日本レース界の顔が大集合 〜2007モータースポーツアワーズ開催

2007.11.26 自動車ニュース

日本レース界の顔が大集合 〜2007モータースポーツアワーズ開催

日本レース界の顔が大集合 〜2007モータースポーツアワーズ開催

2007年シーズンを終えた「SUPER GTシリーズ」「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」、そして、若手育成を目的とする「フォーミュラチャレンジ・ジャパン」。師走目前の2007年11月26日、各カテゴリーのレース関係者が都内のホテルに集合し、合同表彰式が行われた。

これは、各シリーズを運営する「GTアソシエイション」と「日本レースプロモーション」が手を組み、昨今不振が囁かれる日本のモータースポーツ界を盛り上げようというもの。今回が初の試みで、会場となった都内のホテルには、レース関係者ら総勢500人が集まった。

各カテゴリーの表彰ドライバーおよびコメントは、以下の通り。

ラルフ・ファーマンと伊藤大輔(写真右)。オレンジ色のジャケットは、副賞「オートバックス賞」を授ける同社の住野公一CEO。「それぞれのモータースポーツ団体が手を取り合うのはいいことだ」と今回の表彰式そのものを称えた。
日本レース界の顔が大集合 〜2007モータースポーツアワーズ開催

■SUPER GTシリーズ/GT500

・チャンピオン:伊藤大輔/ラルフ・ファーマン
・2位:ロイック・デュバル/ファビオ・カルボーン
・3位:ドミニク・シュワガー/細川慎弥

「速さと強さを見せることができて、満足。ファーマンという最高のパートナーがいて取れた賞だと思います」(伊藤大輔)
「初戦から優勝できたのがよかった。ホンダに感謝したい」(ラルフ・ファーマン)
また、チーム部門では「オートバックスレーシングチームアグリ(ARTA)」がタイトルを獲得。鈴木亜久里代表が挨拶に立ち「(レースの冠スポンサーであり、チームのスポンサーでもある)オートバックスセブンの住野公一CEOが毎年他チームを表彰するのが心苦しかった」「ARTA立ち上げ10周年の節目に優勝できて嬉しい」などと感想を述べた。

大嶋和也(写真左)と石浦宏明。
日本レース界の顔が大集合 〜2007モータースポーツアワーズ開催

■SUPER GTシリーズ/GT300

・チャンピオン:大嶋和也/石浦宏明
・2位:高橋一穂/加藤寛規
・3位:柴原眞介/黒澤治樹

「一年間、楽しくレースができました」(大嶋和也)
「最高の環境だった。勝利は嬉しいがまだ通過点だと思うし、来季につなげたい」(石浦宏明)
なお、大嶋和也は今年、「全日本F3選手権」と合わせ二冠を達成した。

フォーミュラ・ニッポン入賞者の面々。
フォーミュラ・ニッポン入賞者の面々。
チーム部門の賞金を受け取る(写真左から)、mobilecast IMPULの星野一義総監督、松田次生、そしてブノワ・トレルイエ。
チーム部門の賞金を受け取る(写真左から)、mobilecast IMPULの星野一義総監督、松田次生、そしてブノワ・トレルイエ。

■全日本選手権フォーミュラ・ニッポン

・チャンピオン:松田次生
・2位:ブノワ・トレルイエ
・3位:小暮卓史
・4位:本山哲
・5位:アンドレ・ロッテラー
・6位:ロイック・デュバル

「今シーズンは苦しかったが、こつこつポイントを重ねる努力ができた。チームに感謝したい」(松田次生)
チームのタイトルは、松田が属する「mobilecast IMPUL」の手に。
ただ、星野一義総監督は「栄誉は嬉しいが、実力的にPIAA NAKAJIMAのほうが強かった。来年はもっと勝てるチームを目指したい」と、優勝0回のチャンピオンにとって耳の痛い(?)コメントを残した。

記念のトロフィーが、中嶋悟氏(写真左)から全員に贈られた。左から3人目が、チャンピオンの国本京佑。
記念のトロフィーが、中嶋悟氏(写真左)から全員に贈られた。左から3人目が、チャンピオンの国本京佑。
GT300の覇者「Cars Tokai Dream28」に賞を贈る中山議員。
GT300の覇者「Cars Tokai Dream28」に賞を贈る中山議員。

■フォーミュラチャレンジ・ジャパン

・チャンピオン:国本京佑
・2位:山本尚貴
・3位:田中誠也
・4位:国本雄資
・5位:中嶋大祐
・6位:井口卓人

「多くのひとに支えられて、大きく成長できたと思います」とは、チャンピオン国本京佑の弁。
26歳以下の若手を中心に争われるFCJにあっても、18歳はとても若いほう。

さらに、「自由民主党モータースポーツ振興議員連盟杯」と「経済産業大臣杯」の特別賞が、SUPER GTシリーズのGT300/GT500のチームチャンピオンにそれぞれ贈られた。
挨拶に立った中山泰秀衆議院議員からは、「国内モータースポーツの不振は、国にも責任があると思う」「たとえば競馬に天皇杯があるように、賞の格を上げるなど、今後は行政からのサポートを充実させていきたい」などというコメントも聞かれた。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。