【スペック】全長×全幅×全高=4380×1870×1260mm/ホイールベース=2600mm/車重=1630kg/駆動方式=FR/4.3リッターV8 DOHC32バルブ(380ps/7000rpm、41.8kgm/5000rpm)/価格=1550万円(テスト車=1624万4450円)

アストン・マーティンV8ヴァンテージ(FR/2ペダル6MT)【試乗記】

格闘あるのみ 2007.11.26 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ(FR/2ペダル6MT)
……1624万4450円

MTのみだった「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」に、オートマ感覚で運転できる2ペダルMTモデルが追加された。“ベイビー・アストン”たる2座スポーツモデルとの相性を検証した。

まさに王道

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」は、このクラスのスポーツカーを選ぶ時に、絶対に外せない候補車の1台である。
1.6トンの軽量アルミボディ、大排気量で自然吸気のV8エンジン、トランスアクスルによる前後重量配分など、スペックだけ見てもFRスポーツカーの王道をゆく。

過去、某自動車専門雑誌の長距離テストで1500kmほどを一気に走ったことがあり、繊細にして豪快な走りを大いに堪能した。その記憶は今も鮮明に残っている。今回のクルマは2ペダル式MT車ということで、さらなる拡販が予想されるが……。気軽にサインして1500万円が払える人を対象とするならば、「マセラティ」にしても「ポルシェ911」にしても、セールスマンは、さして内容を気にすることなく高価なほうのATを勧めるだろうな、とは思う。
でも、ヴァンテージはMTを選んだ方がいい。クラッチミートの繊細な感覚は、このスポーツカーを操る快感を、より味わい深くするからだ。


アストン・マーティンV8ヴァンテージ(FR/2ペダル6MT)【試乗記】の画像
【テスト車「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」のオプション装備】
19インチ7スポークアンスラサイトフィニッシュアロイホイール=25万3050円/ヘッドランプウォッシュ付きHIDヘッドランプ=8万4000円/クルーズコントロール=5万400円/プレミアムサウンドシステム=17万9550円/自動防眩ルームミラー=1万7850円/シートヒーター=5万400円/メモリーシート=5万400円/スモーカーズパック(灰皿)=2万5200円/ハイスペックアラーム=3万3600円
【テスト車「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」のオプション装備】
19インチ7スポークアンスラサイトフィニッシュアロイホイール=25万3050円/ヘッドランプウォッシュ付きHIDヘッドランプ=8万4000円/クルーズコントロール=5万400円/プレミアムサウンドシステム=17万9550円/自動防眩ルームミラー=1万7850円/シートヒーター=5万400円/メモリーシート=5万400円/スモーカーズパック(灰皿)=2万5200円/ハイスペックアラーム=3万3600円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
ホームへ戻る