【スペック】全長×全幅×全高=4415×1795×1475mm/ホイールベース=2625mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm)/価格=365万4000円(テスト車=同じ)

スバル・インプレッサWRX STI(4WD/6MT)【試乗記】

満を持す 2007.11.23 試乗記 スバル・インプレッサWRX STI(4WD/6MT)
……365万4000円

レギュラーモデルに遅れて登場した、「インプレッサ」の最強バージョン「WRX STI」。日常の足としても使えるのか? 一般道でテストした。

待ってました!

インプレッサシリーズが3代目にフルモデルチェンジしたのが2007年6月。それから待つことほぼ5か月、東京モーターショーのステージで華々しいデビューを飾ったのが、シリーズの看板モデル「インプレッサWRX STI」である。

その姿を見て、新型インプレッサに抱いていたモヤモヤがすっと消えたような気がした。4ドアセダン(2ドアやワゴンもあったが)から、リアオーバーハングを切り詰めた5ドアハッチバックに転身を図った新しいスタイルには、爽やかさを覚える一方、なんとなく物足りなさを感じていた。しかしWRX STIは、大きく膨らんだ前後フェンダーに加えて、ボンネット、フロントバンパーサイド、フロントフェンダー後端にそれぞれ設けられた開口部、そして大型のリアルーフスポイラーなどにより、アグレッシブに仕上げられたエクステリアがキマっている。むしろこのWRX STIのデザインが本来の姿ではないのか? と思えるくらいだ。

発売時期をズラしたのは、ファンを焦らすためではなく、あくまでクルマの熟成を図るのが狙いだったとスバルの開発陣は話すが、いずれにせよ5か月近く待っただけのことはありそうだ。


スバル・インプレッサWRX STI(4WD/6MT)【試乗記】の画像
右は旧型の「インプレッサWRX STI」。
右は旧型の「インプレッサWRX STI」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る