「日産キャラバン」にアウトドアレジャーで使いやすい特別仕様車

2007.11.22 自動車ニュース

「日産キャラバン」にアウトドアレジャーで使いやすい特別仕様車

日産自動車は、ライトバン「キャラバン」に特別仕様車「スーパーGX」を設定、2007年11月21日に発売した。

「スーパーGX」は、キャラバンの上級グレードでロングボディ、標準ルーフ、低床の「GX」(5人乗り/4AT)をベースに、ビジネスシーンだけでなく、プライベートでの利便性を向上させたモデル。

主な特別装備は、アルミホイール、カラードフィニッシャー(車体色ブリリアントシルバーのみ)のほか、室内では、汚れや水滴を簡単に拭き取ることができるカブロンシートに、左右独立分割スライド&クライニング機能&可倒式アームレスト付きのセカンドシート、リアヒーター、バックドアオートクロージャーなど。
また、安全装備として、セカンド席両外側AELR付3点式シートベルト(中央2点式)や助手席SRSエアバッグシステムなどを標準装備するなどした。

価格は、2WDが292万6350円、4WDは325万3950円。

(webCGワタナベ)

「日産キャラバン」にアウトドアレジャーで使いやすい特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
ホームへ戻る