【スペック】全長×全幅×全高=3958×1683×1432mm/ホイールベース=2547mm/車重=1280kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(175ps/5500rpm、24.5kgm/1600-4500rpm)(欧州仕様)

MINIクーパーSクラブマン(FF/6MT)【海外試乗記】

デフォルメMINI 2007.11.22 試乗記 MINIクーパーSクラブマン(FF/6MT)

2007年9月のフランクフルトショーで発表された「MINI」のストレッチバージョン「MINIクラブマン」。右側に観音開きのドアを備える新型にスペインで試乗した。

ボディの理由

「MINI」は確かにカワイイけれど、もうちょい荷物が積めたらナ――そんな要求から生まれたステーションワゴン型のMINIが、ここに紹介の「クラブマン」なるニューモデル……というわけでは実はナイ。その証拠にこのクルマ、後席使用時のラゲッジスペース容量はわずかに260リッター。すなわち、「クラブマン」パッケージングは、決して“積めるワゴン”を狙ったものなどではないということだ。

それでは、ハッチバックモデルに対しホイールベースで80mm、全長では160mmストレッチされたボディは何を目指したものなのか、といえば、ひとつには「総勢4名が、これまでになくゆったりとした居住空間」であり、そしてもうひとつは「『MINI』というブランドによりふさわしい、ユニークなスタイリングの演出」と評してよさそうだ。

前出のホイールベース延長分は、実はそっくりそのまま後席足元空間の拡大に充てられている。すなわち、後席居住性はこれまでのハッチバックモデルと較べて大きく向上。“クラシックMINI”の時代を含め、まずは史上初めて「大人4人がくつろげる室内」を実現させたのがこのモデルでもある。

 
MINIクーパーSクラブマン(FF/6MT)【海外試乗記】の画像
 
MINIクーパーSクラブマン(FF/6MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る