日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」に

2007.11.21 自動車ニュース

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」に

2007年11月21日、1年間で最も意味のあったニューモデルを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008(通称COTY)」の最終選考結果が発表された。

11月20日の試乗会に続き行われた投票の結果、日本カーオブザイヤー2007-2008には「ホンダ・フィット」が選ばれた。フィットの受賞は、2001-2002に続き2回目となる。
2位につけたのは「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」で、こちらはインポートカーオブザイヤーを受賞した。

特別賞“Most Fun”には「三菱ランサーエボリューションX」が、“Most Advanced Technology”に「フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI/ゴルフ トゥーラン/ゴルフ ヴァリアント」、“Best Value”は「ダイハツ・ミラ」がそれぞれ選ばれた。

ノミネート各車の得点は以下のとおり。

1位:ホンダ・フィット(374点)
2位:メルセデス・ベンツ Cクラス セダン(299点)
3位:スバル・インプレッサ/インプレッサWRX STI(273点)
4位:日産スカイライン/スカイラインクーペ(245点)
5位:マツダ・デミオ(128点)
6位:三菱ランサーエボリューションX(60点)
7位:プジョー207/207CC/207GTi(46点)
8位:フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI/ゴルフ トゥーラン/ゴルフ ヴァリアント(29点)
9位:ダイハツ・ミラ(24点)
10位:トヨタ・マークXジオ(22点)

(webCG 本諏訪)

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」にの画像
「ホンダ・フィット」
「ホンダ・フィット」
「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」
「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る