日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」に

2007.11.21 自動車ニュース

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」に

2007年11月21日、1年間で最も意味のあったニューモデルを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008(通称COTY)」の最終選考結果が発表された。

11月20日の試乗会に続き行われた投票の結果、日本カーオブザイヤー2007-2008には「ホンダ・フィット」が選ばれた。フィットの受賞は、2001-2002に続き2回目となる。
2位につけたのは「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」で、こちらはインポートカーオブザイヤーを受賞した。

特別賞“Most Fun”には「三菱ランサーエボリューションX」が、“Most Advanced Technology”に「フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI/ゴルフ トゥーラン/ゴルフ ヴァリアント」、“Best Value”は「ダイハツ・ミラ」がそれぞれ選ばれた。

ノミネート各車の得点は以下のとおり。

1位:ホンダ・フィット(374点)
2位:メルセデス・ベンツ Cクラス セダン(299点)
3位:スバル・インプレッサ/インプレッサWRX STI(273点)
4位:日産スカイライン/スカイラインクーペ(245点)
5位:マツダ・デミオ(128点)
6位:三菱ランサーエボリューションX(60点)
7位:プジョー207/207CC/207GTi(46点)
8位:フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI/ゴルフ トゥーラン/ゴルフ ヴァリアント(29点)
9位:ダイハツ・ミラ(24点)
10位:トヨタ・マークXジオ(22点)

(webCG 本諏訪)

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」にの画像
「ホンダ・フィット」
「ホンダ・フィット」
「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」
「メルセデス・ベンツ Cクラスセダン」

日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」にの画像

関連キーワード:
フィットCクラス セダンホンダメルセデス・ベンツイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る