【スペック】全長×全幅×全高=4625×1800×1440mm/ホイールベース=2810mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm)/価格=586万円(テスト車=645万2000円)

BMW 328iモダン(FR/8AT)【試乗記】

価値ある変化 2012.02.13 試乗記 BMW 328iモダン(FR/8AT)
……645万2000円

BMWの基幹モデル「3シリーズ」の新型が日本上陸。さて、その仕上がりは? 新たな2リッター直4ターボを搭載する「328i」で確かめた。

止まっていても駆け抜けている

ずいぶんと早く試乗会場に着くと、すでに新しい「BMW 3シリーズ」が並んでいた。「カッコいい……」。「アルファ・ロメオ156」以来だろうか? 久々に骨太の(!?)うれしい驚きをもって、ニューモデルを眺めた。

東京モーターショーで展示された、息をのむようなハンサムカー、未来派のコンセプトモデル「i8」。そのイメージを上手に採り込んだ、“止まっていても駆け抜けている”スポーティーなセダンが、「F30型」3シリーズである。低い位置に置かれたヘッドランプ、相対的に盛り上がりが強調された筋肉質なボンネット。リアへ駆け上がるキャラクターラインは、先代の、薄い布をヒョイとつまんだような上品さは薄れ、ヘラで削ったかにライン下部が抉(えぐ)れて、力感が強められた。空力への配慮を直感させる、かすかにキックしたトランクエンドの処理もスタイリッシュだ。

真横から見ると、リアバンパーまわりがちょっとモタついているのが残念だが、一歩動いて斜め後ろから観察すると、前と後ろ、それぞれのフェンダーが外側へ張り出しているのがハッキリして、精悍(せいかん)。
「顔付きは、『Z4』のアクを漉(こ)して万人向けにした感じだなァ」「リアまわりは、『BMWの典型的なL字型ライト』はともかく、『7シリーズ』っぽい」「キャビンのフォルムは居住性を考慮して意外と丸っこい。にもかかわらず、後輪駆動らしいフロントの長さとボンネットまわりのデザインを生かして、いかにも低く構えた印象を与えているのがさすが」「ヘッドライトとのつながりを意識して、キドニーグリルの外側をあえて露出しているところがニクイね」などなど、興奮冷めやらぬ脳みそに、次々と駄メモが書き込まれる。

18インチのホイールを見ながら、「あと半巻きほど車高を落としてタイヤとホイールアーチの隙間を詰めればさらに……」などと、つい20世紀的な嗜好(しこう)が頭をよぎってしまうあたりに観察者の限界が露呈するが、それはともかく、「そろそろ買い換えを……」と考えているガイシャオーナーの間では、新しい3シリーズ、大いに話が弾むんじゃなかろうか。

これまでの伝統にのっとり、丸目4灯のヘッドランプが与えられた新型「3シリーズ」。グリルとランプがつながるデザイン処理は、新たな試みである。
BMW 328iモダン(FR/8AT)【短評】
ボディーサイドには、キャラクターラインがくっきり。躍動感を演出する。
BMW 328iモダン(FR/8AT)【短評】
新たな「328i」には、スタンダードモデルのほかに、「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」の各テーマごとに内外装や装備品がコーディネートされる「デザイン・ライン」が用意される。今回のテスト車は、セダンの普遍的なデザインを強調したという「モダン」である。
BMW 328iモダン(FR/8AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(前編) 2016.11.3 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。メルセデス・ベンツの中核モデルにして、世界のプレミアムセダンの指標ともいえる大物を、谷口はどう評価する?
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る