【スペック】1.8S“AEROTOURER”:全長×全幅×全高=4215×1760×1630mm/ホイールベース=2600mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、17.8kgm/4400rpm)/価格=210万円(テスト車=259万5600円)(T)

トヨタ・カローラルミオン1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【試乗記】

「カローラ」を名乗るなら 2007.11.21 試乗記 トヨタ・カローラルミオン1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)/15G(FF/CVT)……259万5600円/222万1000円

四角い箱形デザインを特徴としたトヨタの新型「カローラ・ルミオン」。北米では「xB」として販売されるカローラシリーズのニューフェイスに試乗した。
「1.5X」(M)
トヨタ・カローラルミオン1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【短評】

これもカローラ?

筆者が物心ついたころの「トヨタ・カローラ」は、いわゆる30系と言われるモデル。当時のラインナップは2/4ドアのセダン、クーペ、ハードトップ、そして3ドアのリフトバックというものだった。なかでもあの頃惹かれたのがリフトバック。大きなリアゲートを開け遊び道具を積み込み走っている明るい色のリフトバックは、今風に言えばライフスタイル志向の洒落たクルマだったのだ。

あれからざっと30年。セダン=「アクシオ」、ワゴン=「フィールダー」の2つのラインナップとなっていたカローラに加わった新しい仲間が、この「ルミオン」である。一見すると「これがカローラ?」というスタイルだが、それもそのはず。この「カローラ・ルミオン」はアメリカでは先代「bB」(北米名:xB)の後継車として販売されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ ルミオンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る