オープントップのSUV「アウディ・クロスカブリオレクワトロ」をLAショーで発表【LAショー07】

2007.11.20 自動車ニュース

【LAショー07】オープントップのSUV「アウディ・クロスカブリオレクワトロ」をLAショーで発表

独アウディは、2007年11月14日に開幕したロサンゼルスモーターショーで、コンセプトカー「クロスカブリオレクワトロ」を発表した。

流行のクロスオーバーモデルに、新ジャンルとしてアウディが提案するのが、SUVとオープンカーのクロスオーバー「クロスカブリオレクワトロ」だ。

電動ソフトトップを持つ2ドア4シーターのコンバーチブルだが、高められた車高がSUVテイストを高めている。ソフトトップを閉めた場合の全高は1630mm。
エクステリアでは、ポリッシュ仕上げとなる大ぶりのアルミシングルフレームグリルが特徴的。ターンシグナルやテールランプだけでなく、ヘッドランプにもLEDが用いられる。

搭載されるエンジンは欧州の厳しい排ガス規制EU6をクリアーしたといわれる、3リッターV6直噴ディーゼルターボで、240psと51.0kgmを発生する。燃費は13.7km/リッターと謳われる。
「クワトロシステム」で4輪を駆動し、足まわりには「Q7」にも採用されたアダプティブエアサスペンションと電動車高調整システムが備わる。

(webCG 本諏訪)


オープントップのSUV「アウディ・クロスカブリオレクワトロ」をLAショーで発表【LAショー07】の画像

オープントップのSUV「アウディ・クロスカブリオレクワトロ」をLAショーで発表【LAショー07】の画像

オープントップのSUV「アウディ・クロスカブリオレクワトロ」をLAショーで発表【LAショー07】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。