【スペック】全長×全幅×全高=4950×1970×1925mm/ホイールベース=2850mm/車重=2500kg/駆動方式=4WD/4.7リッターV8DOHC32バルブ(288ps/5400rpm、45.7kgm/3400rpm)/価格=540万円(テスト車=632万5050円)(M)

トヨタ・ランドクルーザー AX“Gセレクション”(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ランドクルーザー AX“Gセレクション”(4WD/5AT) 2007.11.20 試乗記 ……632万5050円
総合評価……★★★★

およそ9年ぶりのフルモデルチェンジとなったトヨタの本格クロスカントリーモデル「ランクル」。新装備を備え、ひとまわり大きくなったニューモデルに試乗した。

桃源郷

「このダンナ感がいいんだよね」というスタッフのひとことから、4人の男が乗った新型「トヨタ・ランドクルーザー」通称ランクルの車内は「ダンナ論」でしばし盛り上がってしまった。

ダンナ。それは昨今の雑誌でカッコよく描かれているオヤジやパパとは違う。仕事を終えて家に帰り、ナイター中継見ながらビールで晩酌しているようなオジサン。映画『三丁目の夕日』のシーンみたいだけれど、ある程度以上の年齢の、ふだんオヤジやパパを演じている日本人にとって、心の底から気持ちいいと思うのは、実はこういう瞬間であるはずだ。
ランクルでの巡航はそんな、くつろぎのひとときにあふれていた。以前の試乗記にもあるように、このクルマの悪路走破性は世界最高峰にあるといっていい。それでありながら舗装路では最上の快適性。いやさらに一歩踏み込んで、乗り手の身も心も解きほぐしてくれる。

かつてはおおらかな乗り物の代名詞だったSUVも、最近はヨーロッパのプレミアムブランドの手で、エモーショナルでスポーティな乗り物に姿を変えつつある。それが世界の潮流なのかと、自分を合わせようとしてきた。だからこそランクルに乗って、家に戻ったような気持ちになれたのだろう。カッコつけられるのはインポートモノかもしれないが、ホッとできるのはこちらだと。
平和なニッポンのダンナがそう思ってしまうのだから、止まったら命を落とすような過酷な状況では、最強の信頼性に裏打ちされた極上の快適性が桃源郷に思えるはず。アフリカからシベリアまで、世界中の荒野でランクルが愛される理由が、少しだけわかったような気がした。

自動車ジャーナリストの森口将之(M)
自動車ジャーナリストの森口将之(M)
(M)
(M)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る