VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン【LAショー07】

2007.11.19 自動車ニュース

【LAショー07】VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン

フォルクスワーゲンは、2007年11月16日から一般公開されている米ロサンゼルスオートショーで、ゼロエミッションカー「space up! blue(スペースアップ・ブルー)」を発表した。

フランクフルトショーで発表された「up!」、東京モーターショーでリリースされた「space up!」に続く、スペースアップ・ブルーの登場で、VWの提唱する「ニュー・スモール・ファミリー」には、3つのモデルがラインナップされたことになる。

スペースアップ・ブルーは動力源として、12個のリチウムイオンバッテリーを搭載。バッテリーのみを使用して電気モーター(45kW/61ps)で走行すると、約105kmの連続走行が可能という。

バッテリーへのエネルギーは、電源コンセントと最大150Wの電力を生むルーフのソーラーパネルに加え、“高温型燃料電池”から供給される。燃料電池を使用すると、走行可能距離が約249km延長、合計約354kmが一回のエネルギー補給で走行可能になる。高温型燃料電池は、VWが世界に先がけて開発したもので、大幅な軽量化や低価格化、日常の使い勝手の向上などを実現。燃料電池ならびに燃料電池車の量産化実現に大きな可能性を生んだと謳う。

3サイズは、全長3680mm×全幅1630mm×全高1570mm。全高はスペース・アップ比30mm高と、少し背が高くなったが、長さと幅に関しては「フィット」や「デミオ」とったコンパクトカーよりもさらに小さい。車重は、「燃料電池+バッテリー搭載車としては軽量」(プレスリリース)な1090kgにおさえられた。各パワートレインの配置は、電気モーターがリヤに、リチウムイオンバッテリーがリヤシート下に、高温型燃料電池がフロントに搭載される。

(webCG 依田)

 
VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン【LAショー07】の画像
 
VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン【LAショー07】の画像
 
VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン【LAショー07】の画像
 
VWから“第三の「up!」”今度はクリーンでコンパクトなバン【LAショー07】の画像

関連キーワード:
e-up!フォルクスワーゲンロサンゼルスモーターショー2008イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
ホームへ戻る