第17回:欧州の商用車デザインに物申す!次は「ブス猫」顔もよろしく!?

2007.11.17 エッセイ

第17回:欧州の商用車デザインに物申す! 次は「ブス猫」顔もよろしく!?

瞼に残る、アノ1台

東京モーターショーが先日閉幕したが、“働くクルマ”好きのボクは、結局「商用車」ブースにいる滞在時間がいちばん長かった気がする。バスの前から乗って後ろから降りたり、高いキャビンのステアリングを握らせてもらっているだけで嬉しい。取材など手につかなくなる。
そんな商用車ブースの中でも、とりわけ瞼に残る、記憶に焼きついているクルマがある。いすゞコーナーに展示されていた「初代エルフ」である。

実際の展示車は1964年だが、1959年のデビュー当時と同じ姿だ。
脇に待機していたいすゞデザインセンターの中尾博シニアスタッフによれば、車両は同社の所蔵品で、ボディカラーは当時の写真を参考にして忠実に再現したものという。「○○商店」などという店名を入れた場合に目立つ色、というのが、当時のカタログカラーの原則であったそうだ。

そういえば、ボクが子供の頃、こうしたトラックにはフリーハンドによる白い筆文字で、店や工場の名前が入っていたものである。同時にドア直後のピラーには、縦書きで「電(五四) 四四××」というふうに電話番号を、市外局番ではなく市内局番から書くのが慣わしであった。
それはともかく、ライト上を取り巻くプレスラインが、ちょうど粋な商店主さんや職人さんが鉢巻きをしているように見える。なんとも心温まる顔つきである。

商用車のお姉さんは、どこか演歌っぽいのが魅力。日野コーナーにて。
商用車のお姉さんは、どこか演歌っぽいのが魅力。日野コーナーにて。
1964年「いすゞエルフ」。エンジンは1991cc予備燃焼室式ディーゼル。
1964年「いすゞエルフ」。エンジンは1991cc予備燃焼室式ディーゼル。
3人乗りのキャビン。スペック上の最高速は85km/h。
3人乗りのキャビン。スペック上の最高速は85km/h。
いすゞデザインの中尾博さん。後方はコンセプト「FL-III」ディーゼル+インホイールモーターを想定。
いすゞデザインの中尾博さん。後方はコンセプト「FL-III」ディーゼル+インホイールモーターを想定。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。