【スペック】全長×全幅×全高=4899×1860×1464mm/ホイールベース=2968mm/車重=1850kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)+モーター(55ps、21.4kgm)(欧州仕様車)

BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【海外試乗記】

魅力はスムーズさと新しさ 2012.02.14 試乗記 BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)

2012年の初夏に「BMW5シリーズ」のラインナップに追加予定の「アクティブハイブリッド5」。BMW初の、6気筒エンジンを採用したハイブリッドセダンは、どんな走りを見せるのか? ポルトガルから第一印象をリポートする。

アクティブハイブリッドの本命

BMWはこれまで、“アクティブハイブリッド”と名付けたハイブリッドモデルをまずは「7シリーズ」、続いて「X6」と大型車種から展開してきた。これらは別々のシステムを用いているが、いずれもエンジンはV型8気筒で、価格にしろ燃費にしろ、普及や徹底的な環境性能を目指したものというよりは、まずは“露払い”といった存在感だったと言えるだろう。

その意味では、いよいよ本当の普及段階へと入る重要なモデルと言えそうなのが、2011年の東京モーターショーでワールドプレミアされた「アクティブハイブリッド5」である。そう、あらためて説明するまでもなく「5シリーズ」のハイブリッドモデルだ。

注目のパワートレインは、「535i」に搭載されている最高出力306ps、最大トルク40.8kgmを発生する3リッター直列6気筒直噴ツインスクロールターボエンジンと、最高出力55ps、最大トルク21.4kgmの電気モーターを組み合わせたもので、システム最高出力は340ps、最大トルクは45.9kgmに達する。これによって、0-100km/h加速は5.9秒と、車重が150kgも増えているだけに535iとほぼ同等にとどまるものの、燃費はEU複合モードで6.4リッター/100km(約15.6km/リッター)と、535iの8.1リッター/100km(約12.3km/リッター)から2割程度の向上を果たしている。

 
BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
 
BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
ハイブリッドシステムは、エンジンとトランスミッションの間に55psのモーターを挟み込んだもの。リチウムイオンバッテリーは、トランクルーム前方に搭載され、重量配分の最適化が図られている。
ハイブリッドシステムは、エンジンとトランスミッションの間に55psのモーターを挟み込んだもの。リチウムイオンバッテリーは、トランクルーム前方に搭載され、重量配分の最適化が図られている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る