ホンダの新型燃料電池車「FCXクラリティ」、来夏よりリース開始

2007.11.16 自動車ニュース

ホンダの新型燃料電池車「FCXクラリティ」、来夏よりリース開始

ホンダは、2007年11月16日から一般公開された米ロサンゼルスオートショーで、新型燃料電池車「FCXクラリティ」を発表した。来年の夏にはリース販売が開始される。

「FCXクラリティ」は、2005年の東京モーターショーにホンダが出品した「FCXコンセプト」の市販バージョン。自社の「V Flow FCスタック」技術を用いた、燃料電池車である。

全長×全幅×全高=4835(+115)×1845(−25)×1470(+40)mm(カッコ内は「FCXコンセプト比」)で、車重は1625kg。
4つの座席の間、センタートンネル内に燃料電池スタック(化学反応により電気を作るセルの集合体)を収納。重力を利用して効率的に水素や空気を縦に流す「V Flow(バーチカルガスフロー)セル構造」や水素や空気の流路を波形形状にした「Wave流路セパレーター」などの新技術により、発電効率を向上させた。現行型の「FCX」に比べても重力出力密度で2倍、容積出力密度は2.2倍になったという。
バッテリーも小型化され、床下に配置。ホイールベースを長くとり、パワードライブユニットとギアボックスを一体化することでノーズを短くするなど、居住スペースのゆとりに配慮された。

燃費性能は20%アップし、航続距離が30%向上。走行エネルギー効率は、いわゆるハイブリッド車の約2倍とされる。最高速度は160km/h。-30度の低温で始動できるのもアピールポイントだ。

なお、「FCXクラリティ」という名には「a clear solution to the challenges of the future」(クルマの未来にチャレンジするホンダの明快な解決策となる燃料電池車を創造する)という意味を込めたとのこと。
2008年夏からは、北米の個人客などを対象にリース販売が開始される。

(webCG 関)

「ホンダFCXクラリティ」
「ホンダFCXクラリティ」
インテリア表皮には、植物由来の新素材「ホンダバイオファブリック」が採用された。
インテリア表皮には、植物由来の新素材「ホンダバイオファブリック」が採用された。
【「FCXクラリティ」のスペック】
全長×全幅×全高=4835×1845×1470mm/車重=1625kg/駆動方式=FF/交流同期電動機(100KW(134ps)、26.1kgm)/燃料=高圧水素ガス(タンク容量171L)/エネルギー貯蔵=リチウムイオンバッテリー
【「FCXクラリティ」のスペック】
	全長×全幅×全高=4835×1845×1470mm/車重=1625kg/駆動方式=FF/交流同期電動機(100KW(134ps)、26.1kgm)/燃料=高圧水素ガス(タンク容量171L)/エネルギー貯蔵=リチウムイオンバッテリー
関連記事
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル(FF)【試乗記】 2016.5.3 試乗記 ホンダの燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の販売が、自治体や企業へのリースという形ではあるがいよいよ始まった。その実力やいかに? 限られた時間ではあるが、一般道に繰り出すチャンスを得た。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る