「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加

2012.02.13 自動車ニュース

「アウディTT RS」よりもさらにホットな「TT RSプラス」が登場

独アウディは2012年2月10日、同社のコンパクトスポーツ「TT」シリーズに、従来の「RS」をさらに上回る高性能版「RSプラス」を追加すると発表した。

■360psへパワーアップ

アウディにはノーマルモデルに加えて、スポーティーな「Sモデル」と、さらなる高性能を手に入れた「RSモデル」が用意されている。TTの場合、Sモデルにあたるのが「TTS」、RSモデルが「TT RS」ということになる。

TT RSは、アウディの伝統ともいうべき直列5気筒ターボエンジンを搭載するスペシャルなモデルで、エンジン開発を含め、アウディ傘下のクワトロ社が手がけている。TT RSに搭載される2.5 TFSIエンジンでも、最高出力340ps、最大トルク45.9kgmとパワフルだが、新登場の「TT RSプラス」では同じ排気量のまま、それぞれ360ps、47.4kgmにパワーアップが図られている。

ドイツでは、クーペとロードスターが用意され、トランスミッションは6段マニュアルとツインクラッチ ギアボックスの7段Sトロニックを選ぶことができる。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロだ。クーペの7段Sトロニックで性能を比較した場合、0-100km/h加速はTT RSの4.3秒に対して、TT RSプラスでは4.1秒に短縮される。100km走行あたりの燃料消費量は8.5リッター(=11.8km/リッター)だ。

エクステリアは、TT RSとの違いが一目瞭然。255/35R19サイズのタイヤが装着されるアルミホイールは、ブラックとレッドのコントラストカラーとなり、また、ドアミラーカバーはカーボン製に。固定式リアウイングのステーやリアディフューザーがシルバーにペイントされ、ラジエターグリルのメッシュがポリッシュ仕上げになるなど、細かなところにも手が入れられている。フロントホイールからは、4ピストンのキャリパーとドリルドタイプのブレーキディスクが姿をのぞかせる。

価格は、6MT仕様でクーペが6万650ユーロ(約622万円)、ロードスターが6万3500ユーロ(約652万円)。7段Sトロニック仕様は2150ユーロ(約22万円)高となる。実車は、2012年3月開催のジュネーブショーで見られそうだ。

(文=生方聡)

「アウディTT RSプラス」
「アウディTT RSプラス」
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像
 
「アウディTT」に最強モデル「TT RSプラス」追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TT RSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る