ブリヂストンの低転がり抵抗タイヤ「エコピアEP100」発表

2007.11.16 自動車ニュース

ブリヂストンの低転がり抵抗タイヤ「エコピアEP100」発表

ブリヂストンの低転がり抵抗タイヤ「エコピアEP100」発表

ブリヂストンは、CO2排出量削減を目的とした、乗用車用エコタイヤ「エコピアEP100」を発表した。2008年4月1日に発売する。

ブリヂストンの荒川詔四社長。記者会見では、他のタイヤメーカーで見られる「石油外天然資源の使用」よりも、CO2削減に注力している様子もコメントからうかがえた。
ブリヂストンの低転がり抵抗タイヤ「エコピアEP100」発表

トラック/バス用のタイヤで用いられていたエコタイヤブランド「エコピア」が、乗用車用としても展開されることになった。その第1弾が今回発表された「エコピアEP100」。

このタイヤは、コンパウンド内のカーボンを分散配置させることで、エネルギーロスを抑え、低転がり抵抗を実現。さらに、各ブロックとリブを寄り添う形に配置する「リブ連結ブロック」を採用し、接地圧の均一化を図った。
これらの技術により、タイヤライフやドライ/ウェット性能は、同社のベーシックタイヤ「B'STYLE EX」と同等としながらも、転がり抵抗を30%ほど低減(同社テストデータ)したという。

ブリヂストンでは、2002年に策定した環境理念に基づき、経営の最重要課題として環境問題に取り組んでいる。「クルマの省燃費化によるCO2排出量削減」を実現するために、低転がり抵抗タイヤの商品開発を進めていくという。

なおこのタイヤには、同社でハイパフォーマンスタイヤや、上級コンフォートタイヤだけに用いられたメーカー希望小売価格が設定される。これは、「エコピアEP100」が“高付加価値商品”と位置づけられることによる。

2008年4月1日から、「トヨタ・プリウス」などのエコカーをターゲットとする3サイズを発売し、順次サイズを拡大する予定。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。