「日産GT-R」受注好調、売れ筋は「最上級グレードの白」

2007.11.15 自動車ニュース
ホワイトパールカラーの「日産GT-R」。
「ニッサン GT-R」受注好調、売れ筋は「最上級グレードの白」

「日産GT-R」受注好調、売れ筋は「最上級グレードの白」

日産自動車は、先の東京モーターショーでワールドプレミアとなった新型スポーツカー「GT-R」が、先行予約の受付開始以来2ヶ月弱で2282台を受注したと発表した。これは、月販目標(200台)の約11倍。

同じくホワイトパールのスカイライン・クーペ
「ニッサン GT-R」受注好調、売れ筋は「最上級グレードの白」

日産が発表したデータによると、購入者の約60%が50歳未満。最も人気のグレードは、最上級の「プレミアムエディション」で、ボディーカラーはホワイトパールが全体の27%を占めているという。

また、同社の「スカイライン・クーペ」も、200台の月販目標を大幅に上回る2400台のオーダーを受け、受注は好調と発表した。こちらも、購買層全体の52.1%が50歳未満で、カラーはホワイトパールが全体の20%を占めて一番人気。グレード別に見ると、70%のオーナーが「370GT Type S/Type SP」を選んでいるという。

両モデルのマーケティング・ダイレクター加治慶光氏はこの好調を受けて、「日本のお客さまが今回の新型スポーツカーの登場に共感していただいたことに、励みを感じます。日産はお客さまに対して情熱的な車を提供し続けてきた歴史があり、GT-R、スカイライン・クーペが、多くのお客さまのショールームへのご来場を促す呼び水となったと思います。」と述べた。

(webCG 依田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る